2019/10/28  23:39

鍋の振り  日本史
毎年、映画俳優、文化人など新聞一面に掲載される程の人物の訃報が届く。テレビ朝日の12時30分からの倉本聰脚本「やすらぎ」シリーズに出演していた八千草薫が亡くなった。88歳、女性ではまだ早いと思うが膵臓癌・肝臓癌では防ぎようがないのか。昭和42・3年頃、テレビ番組で日本の「理想の男性は三島由紀夫、女性は八千草薫」が選ばれていたのを記憶する。05月には京マチ子が95歳で亡くなっている。共に「男はつらいよ」シリーズではマドンナ役で美しいオーラのある50代で出演していてDVDに残っている。

今月の短歌結社の文字入力の仕事が終了。カット画像も今月は、一足に投稿してある。テーマは「山中湖湖畔」だった。10月20日の年一度の大会では、例年のごとく大阪・新潟・宮城県などの会員、平成23年の大会以来の岩手県の会員も参加された。この会員は短歌の上達は顕著で来年は「作品一」に昇格する。

相変わらず外出時は携帯用とはいっても4キログラムと重いが、酸素ボンベをお供にしている。だが近くのコンビニに行くのも愛車の“三菱の軽”に乗っている。近所にある稲田も刈り取られ、蘖も出ている。近所の公民館裏の畑では小学生の野外授業にと毎年植えられている薩摩芋が収穫時。添付の画像。薩摩芋は連作が可能でいわゆる「痩せた土地」でも育つから多分昔は米・麦以上に庶民の食料だったのではないか思う。

筆者の幼少時、絵に描いたような貧乏で実家に一年間預けられていた。南瓜・隠元・茄子が獲れれば毎日のように同じ「オカズ」だった気がする。魚肉など滅多に有りつけなかった。卵は貴重品だった。“ヤモオ”は自分で食料調達・料理する。

 フライパンの“振り”の上達手に残る夕べに菜を切るここ三日ほど

クリックすると元のサイズで表示します
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ