2019/10/31  23:25

野党の体たらく  政治
先日の通産大臣に続いて今日は法務大臣が辞任した。第4次安倍晋三内閣・第3次改造内閣になってこの政治家・首相もだんだん綻びが出て来た。覚えているが、平成19年の第1次では松岡農水大臣が自殺、赤城大臣が顔面に絆創膏、久間・柳沢大臣が舌禍、その年の参議院議員選挙で大敗、安倍晋三さんはあっさり身を引いた。

大臣2人が辞任したのはいわゆる“文春砲”の直撃で、大臣の選挙違反、違法政治資金のすっぱ抜き。総理の盟友・甘利明も以前、週刊文春の餌食になった。ライバル週刊誌の「週刊新潮」は女性宰相候補の小渕優子の政治資金のデタラメさを追求。秘書を怒鳴り散らし、蹴飛ばした豊田真由子は、録音テープをワイドショーで繰り返され自滅した。それが東大法学部卒の元官僚。

野党、立憲民主党の福山哲郎幹事長などは意気揚々と安倍政権が転覆するかの如く吠えたてているが空しい。全ては週刊誌の綿密な取材。週刊誌は今、出版不況で“売れてなんぼ”の厳しい状況。昼夜を問わず「張り込み」や、いわゆるタレコミの綿密な裏付け調査ならではだろう。

昔は自衛隊の「三ツ矢研究」、「リクルート事件」など野党の爆弾男など言われた楢崎弥之助代議士が攻め立てた。今は野党は週刊誌の追随。10年ほど前、筆者も小沢一郎率いる民主党に大いに期待し、労働組合すら経験していた。野党に再び「政権を獲る」など言われても空しい。旧民主党は「絵にかいた餅」、マニュフェストの失敗を真剣に見直すべき。

相変わらず寝る間際は、ユーチューブに見る1944生のアメリカンSLビックボーイ。シリンダ+ピストンが左右・前後にあって動輪に伝えるパワーは抜群。心臓が四つあること。ユーチューブで見る疾駆だけで力強い。狭軌道で急カーブの多い日本では走れない。そこが日米の差。

クリックすると元のサイズで表示します
3


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ