2019/12/22  21:46

かりょうびんが  読書
今日の有馬記念は、最近ナンバーワンの4歳牝馬・アーモンドアイが勝つだろうとの読み。幾多の名牝が居るが、牝馬三冠はもとより牡馬に混じって今年秋の天皇賞、昨年秋のジャパンカップも勝っている。今日の有馬記念も圧倒的な人気だったが、何と9着に敗れた。いつもゴール前はぐーんと伸びるのに失速。中山競馬場特有のゴール直前の坂道が堪えたのかどうか。2番人気のリスグラシュー、今年の皐月賞馬が2着。連勝馬券が2990円とは、圧倒的な人気と実力のある馬が負けた割には配当金が少ない。強くても1頭の牝馬が出る度に勝つとは限らないと、よく研究している競馬ファンが居るもので感心。やはり雨が降っていたのが影響したのか。

酸素ボンベ装填で傘を差して外出は出来ないので、今日は外へ出なかった。晴れて寒くなければカメラ行脚も兼ねて港区虎ノ門近辺へ行った筈。いつもの予算1万円は擦らずに済んだ。

先日購入した小学館の「名前シリーズ」で高橋順子とういう詩人を知った。亭主が車谷長吉だった。連想ゲームの按配で車谷の直木賞受賞作とDVDをアマゾンで購入。DVDが中古で先に届いた。古本5冊はまだ届かない。車谷の映画は多くの賞を受賞したらしいが、内容は前衛的・哲学的。寺島しのぶの背中には迦陵頻伽の入れ墨。「かりょうびんが」は仏教用語、上半身が人、下半身が鳥。斎藤茂吉の歌にもある。よく解らない歌だが田螺(たにし)が主語か。

 とほき世のかりょうびんがのわたくし児田螺はぬるきみず戀ひにけり

◇「赤目四十八瀧心中未遂」 DVD 2003年
 主演・大西滝次郎・寺島しのぶ 監督・荒戸源次郎 原作・車谷長吉
◇「赤目四十八瀧心中未遂」 車谷長吉 文春文庫
◇「反時代的毒虫」 車谷長吉 平凡社新書
◇「山崎方代のうた」大下一真
◇「太平洋戦争の肉声T」 文春文庫 2015・06発行
◇「太平洋戦争の肉声U」 文春文庫 2015・06発行
◇「太平洋戦争の肉声V」 文春文庫 2015・06発行
◇「二等兵は死なず」 豊田穣 講談社

クリックすると元のサイズで表示します
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ