2019/12/31  21:30

十大ニュースその後  身辺世相
11月下旬に、筆者の私が今年の10大ニュースを13点予測した。新聞(産経新聞だが)の予測は少し外れた。天皇即位と改元は一つのこと。高齢者運転事故、トランプ大統領来日、G20サミット、はやぶさ2、韓国ホワイト国除外、首里城火災は、カウントされなかった。安倍晋三政権が嫌いなメディアは「韓国との軋轢」は投票操作!?された筈。産経新聞の7〜10位は下段。

05月 新天皇即位、07月 京都アニメーション放火38人死亡
09月 台風15号・19号上陸、09月 ラグビーワールドカップ日本8強
10月 消費税10%、10月 ノーベル化学賞、吉野彰氏

08月 渋野日向子全英優勝、06月 児童虐待事件・防止法
03月 イチロー引退、09月 関西電力原発マネー問題

案の定12月に起きた中村哲医師銃撃・秋元司衆議院議員逮捕は、産経新聞でもカウントされなかった。よく考えれば「中村哲医師」の銃撃事件は大問題の筈。半分はボランティア精神でアフガニスタンに肩入れしたからだ、とでもいうのか。政府も野党もあまりにも反応が鈍い。筆者の価値観は聊か単純だが、中村医師には文化勲章+国民栄誉賞など死後でも贈呈したらどうか。

「桜を見る会問題」は、長期政権の緩みは、その通りだが、野党の韓国・中国などの問題で追及は無いのか。韓国は国際法さえ無視して「徴用工問題」、中国は国策として「尖閣諸島」へ毎日のように公船を出没させている。いわゆる「ファイブG」で中国は世界制覇・覇権を目論んでいる。中国は敵視せずとも警戒は怠りなくすべきで、東南アジア・インド・豪州などと十分に同盟を結ぶべきだと思う。この先、長く生きないのでどうでもいいが、筆者の生きているうちに「北朝鮮拉致被害者」は戻って来ないだろうし「北方四島」は永遠に返還など考えられないのが世界情勢か。12月31日にカルロス・ゴーン被告が違法に出国というニュース。日本は長閑だ。

本年一年間、このブログを見て頂き有難うございました。来年も縒りを掛けて天邪鬼の発信をします。添付は京橋付近。

クリックすると元のサイズで表示します
2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ