2020/1/21  22:36

馬毛島  政治
湘南の外交評論家!?を気取る筆者だが“馬毛島(まげしま)”に関してはイマイチ解らない。鹿児島県西之表市、種子島の横にある“無人島”だから政府が自衛隊の訓練基地にしようと米軍空母の空母艦載機の離着陸訓練基地にしたところで問題はない筈。国の安全を日米軍事同盟に託していれば、無人島を軍事基地にしても問題はない。これは民主党政権のときも時の政府が検討した。素人だからこその意見だが、この島を国が160億円で買い取ったのが、いいのか悪いのか、感想を言う材料を持ち合わせていない。

素人の筆者の感想は大体、専門家の受け売りだが、ニュースソースは保守系の月刊誌・週刊誌の類い。左派系の朝日新聞・アエラ・日曜赤旗などは特定の左派の御用学者の意見だからあまり信用できない。これは体制派の御用学者も同様。反自民・反権力まではいい。だがそれを強調するあまり、そこを乗り越えて“反日本”的主張なら問題外で本末転倒。自虐史観と言われて悲しい。自虐は日本人の謙譲心の行き過ぎ。

日米安保反対騒動の1960年から60年。権力の当事者は、安倍首相の祖父・岸信介、アメリカ大統領はアイゼンハワーだった。その孫が来日して記念式典があった。あれから60年、日本はアメリカの軍事的属国だが、ロシアや中国の属国にならなかったのだけは正解。ソ連の共産主義、「一帯一路」「5G通信網」で世界制覇を試みる独裁主義・中国には、日本では実害が無いので無関心。プライベートを国家機関が握る弊害は、日本人は経験済みなのにと思う。

テレビも電話も車も無い時代、あの戦争を煽りに煽ったのは、戦前は国粋主義にして、戦後は反国家主義になった前述の今、左派系新聞。“天皇のため、家族のため”と一般人を戦争最前線へ送り出したのは政治家・軍人だけではない。それがトラウマのメディアは、相変わらず精神論・理想論を声高に言って現実から目を逸らすのは今も昔も同じ。きれいごとを言う勢力には“眉に唾を付ける”習性から脱却できない筆者は“終生哀れなりけり”なのだ。嗚呼。

月末の短歌原稿が届きました。暫時このブログは休みます。

クリックすると元のサイズで表示します
2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ