2020/2/27  23:30

新書乱読07A  読書
松本清張と昭和史発掘
昨日は84年前に「二・二六事件」のあった日なので、事件の概略を記述したが、大きく分けても「事件の顛末」「昭和天皇の決断」「暗殺された人物」「陸軍内の対立」「事件の背景と黒幕」など昭和史の素人でもおよそ5項目は、新書に限っても読解しなければならない。

令和2年・2020年の02月27日は後世に残る「日」になる。コロナウイルスで義務教育・高校などの一斉休校の“お触れ”が総理大臣からもたらされた。7年の長期の「安倍晋三政権」の吉兆はどちらに傾くのか。いずれにしても総理の「桜を見る会の領収証」などの問題は「森林の中の一本の木のそれも枝葉」のことでそんなことを真面目に国会でやっていることではないように思うが如何。世界中でウイルスが大問題になっているのに日本は長閑だ。

下記は再読して二・二六事件の顛末を知ろうと「新書乱読」している最中。松本清張の著書が多いのは、多くの関係者が存命していた昭和42年の「昭和史発掘」シリーズの端緒だから。ここから松本清張は単なる人気推理作家を超えた。この作家の史料解読と筆力のエネルギーに今更ながら驚嘆する。松本は中卒の学歴。当時の高学歴の学者の怠惰が炙り出された筈。

事件全体
 「対談 昭和史発掘」文春新書、「松本清張と昭和史」平凡社新書
 「軍国日本の興亡」中公新書、「昭和史の教訓」朝日新書
天皇の決断
 「昭和天皇の研究」祥伝社新書、「昭和天皇の履歴書」文春新書
 「若い人に語る戦争と日本人」ちくまプリマー新書
犠牲者と家族 
 「象徴天皇制への道」岩波新書、「よみがえる昭和天皇」文春新書
 「昭和の怪物 七つの謎」講談社現代新書
陸軍内部の対立
 「近現代日本を史料で読む」中公新書、「昭和陸軍の軌跡」中公新書
 「教養としての帝国陸海軍」宝島新書
世相・昭和恐慌
 「日本軍兵士」岩波新書、「教養としての昭和史」SB新書
 「あの戦争は何だったのか」新潮新書

クリックすると元のサイズで表示します
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ