2020/3/1  21:56

新書乱読07B  読書
テロ暗殺の近代 30代総理大臣・齋藤実の無常
「戦前の昭和」に無関心層より少し興味のある者としても、二・二六事件に登場する人物は複雑。首謀者の青年将校は後回しにしても襲われた被害者に先ず目が行くのは仕方ない。高橋是清、齋藤実は総理大臣経験者。以下は所謂テロに倒れた総理大臣或いは経験者。これをみると明治時代末期から高々30年に満たないことが解って明らかに異常。加害者3人は一般人だが、3人は武器を保持する軍人。今の尺度で簡単に言えば国民を守るための軍隊組織が自分達の思うような夫々の政治体制へ国民の代表であるべく国会議員・政治家へ刃を向けたこと。昭和恐慌の貧民の現実が背景にあっても明らかに越権行為。

◇伊藤博文 1841〜1909 1・5・7・10代総理大臣 68歳
 朝鮮人の民族運動家・安重根に射殺される。
◇原  敬(たかし)1856〜1921 19代総理大臣 65歳
 東京駅で19歳の少年・中岡艮一(こんいち)に刺殺される。
高橋是清(これきよ)1854〜1936 20代総理大臣 81歳
 二・二六事件に遭遇、6発の銃弾に倒れる。
◇浜口雄幸(おさち)1870〜1931 27代総理大臣 61歳
 東京駅で右翼・佐郷屋留雄に撃たれる。翌昭和05年、感染症で死亡。
◇犬養 毅 1855〜1932 29代総理大臣 77歳
 五・一五事件に遭遇、海軍青年将校に自宅で襲撃される。5時間後に死亡。
斎藤 実(まこと)1858〜1936 30代総理大臣。77歳
 二・二六事件に遭遇。47発被弾して即死。

齋藤は昭和7年(1932)の「五・一五事件」、犬養毅総理暗殺の後、2年間総理大臣として政治を収拾。だが齋藤は捏造された「帝人事件」で総理の座を追われた。因みに齋藤は「水沢三偉人」。奥州市水沢出身で、他の二人は江戸後期の学者・思想家の高野長英、関東大震災復興に力を注いだ後藤新平。

ここから先は以前「2015年」に記述した齋藤実のこと(『滞日十年 上』ジョセフ・グルー ちくま文芸文庫P285参照)。事件の前夜、斎藤は駐在アメリカ大使、ジョセフ・グルーの招きでアメリカ大使公邸に居た。夕食後、邸内でアメリカ映画を鑑賞、斎藤はそれまでトーキー(音声入り)を見た事がなかった。当初は中座して別荘に行く予定だったらしい。気心知れたグルーの歓待で最後まで映画を観て仕舞い、別荘行きは翌日にした。これが徒になった。予定通り東京を後にしていたら、事件から逃れられた筈。

同時に射殺された大蔵大臣・高橋是清(元総理)と共に外国人との交友が広く、過去4年間も駐米公使館付武官を勤めていて特にアメリカ人との交際が深くグルーとは親友だった。斎藤の英語力は歴代総理の中でも相当と評価される。要人との会話も通訳は無、高橋是清も親英米派だった。当時の軍人はもとより政治家もメディアも国民も海の向うのアメリカという国を知らなさ過ぎた。大正時代の原敬は英語もフランス語も堪能だった。知らないことは怖い。

クリックすると元のサイズで表示します
2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ