2020/4/18  20:07

ヤフーブログ閉鎖  日本史
添付画像は「冬雷2020年04月号66頁。昨年末に知人に運転を頼み、山梨県山中湖村を探訪。湖から少し離れた忍野村からの撮影、暖冬で冠雪のない富士山だった。画像の上でクリックすると拡大します。

筆者の私が定年のときの平成16年、新暦の七夕の日にホームページを立ち上げた。「デジタルカメラ歴史紀行」の題名は当時としては無難なところ。まだフィルムカメラが全盛で、デジタルカメラでパソコンへ取り込めるのはオリンパスなど少数だった。個人のブログが勃興したのは平成20年。あれよあれよと言う間にスマートフォンが電話・撮影・ダウンロードの定番になった。

昨年12月に「ヤフーのブログ」が閉鎖された。10年強でブログは下火になったことになる。筆者の「冬雷短歌会の画像」の頁は保存もしていなかったので消失した。他の方々のブログも同様の筈。筆者のHPのアイコンの「冬雷短歌会の画像」を削除したが12個を維持。新たに「最近の投稿歌」を作成した。だがまだ頁そのものが出来ていない。「MAIL」欄は、まだ非接続の状態。「暇人旅行記ブログ」「花ガーデンブログ」は休眠中。

「無明庵」にて改題した「天邪鬼の探索考 戦争の昭和史」は鋭意、推敲中。戦前、戦争など行きたくもない一市民が徴兵されて南支(中国大陸南支那)の江西省(こうせいしょう)に連れて行かれ、広東省(かんとんしょう)で病死したがこれを少しでも辿ることがせめてもの死者への慰めだ。コロナウイルスの発生地中国・武漢は湖北省。その南東に位置するのが江西省と広東省、この二つの省で日本の面積ほどの広さがある。

1943年頃の中国の奥地など、かなりの寒さだろう。衛生事情・食糧事情など多分、劣悪だった筈。無意味にしか思えない、その進軍経路を出来得る限り辿ってみたい。派遣軍・方面軍・第23軍までは一応解る。独立歩兵第222大隊・中隊になるとインターネットにその痕跡はない。大隊は500人、中隊は100人。靖国神社の偕行文庫・国立国会図書館に行けば解るかも知れない。大隊規模の戦友会などがあったらその足跡は解る筈だ。戦友会という史料は私家版など少なからずあるだろう。あっても昭和の時代に消滅している。

クリックすると元のサイズで表示します
4


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ