2020/4/28  23:52

七つの「き」と「気」  日本史
パソコンでの短歌会の仕事に失業!?したので筆者のプライベートは「ギアチェンジ」を宣言。無明庵の「戦争の昭和史」を「天邪鬼の探索考」として真面目に推敲、記述することにしたが、2年間の兵役で敢え無く戦病死した実父の“一兵卒”の現実を可能な限り探索してみたいが、参照する本を選んだだけで手を付ける前に音を上げる赴き。

徴兵・入営した市民の残酷な顛末、側面を“これでもか”という史料で裏付けて叙述したのが、「日本軍と日本兵」(一ノ瀬俊也 講談社現代新書 2014年)、「日本軍兵士」(吉田裕 岩波新書 2017年)だが、なるほど学者で大学教授だ。資料の駆使も半端ではなく参考になる。だが吉田は昭和29年生。一ノ瀬に至っては昭和46年生で、戦争最前線を知らない。

岩波新書で戦後ベストセラーになった「昭和史」の著者の一人藤原彰(1921─2003)は陸士55期の軍人で中国大陸で中隊長でもあった。戦後東大に学んで歴史学者になった。岩波現代文庫の「中国戦線従軍記」はアマゾンでは品切れ。イデオロギーは決めつけらしいが、ともかく戦争最前線の軍人だった。戦線の細部に嘘は無いだろう。

日本人とユダヤ人」のベストセラーのある山本七平(1921─1991)氏は1921年生で終戦間際の幹部候補生でフィリピン戦線へ従軍、九死に一生を得ている。『ある異常体験者の偏見』(文春文庫1974年)、『私の中の日本軍』文春文庫1975年)、『一下級将校の見た帝国陸軍』文春文庫1976年)がある。戦争最前線の陸軍兵士の生々しい実態、衛生事情を記述している。分隊指揮官の最前線描写の記述は若手の現代史の学者には到底及ばない。

筆者の素人の記述の取っ掛かりとして所持している参考書の内容で気付いたのは“き”と“気”。この辺から先ずは読解するのが肝要。
「き」は、決起・武器・軍紀・戦機・危機・飢餓・棄兵
「気」は、志気・勇気・血気・病気・気魄・鬼気・狂気
これら七つのキーワードに沿ってひとりの二等兵の死に様に迫ってみたい。

添付は拙宅前の隣家。モッコウバラ。

クリックすると元のサイズで表示します
2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ