2020/6/17  23:02

晩期高齢者  身辺些事
本日やっと確定申告をしてきた。この時期は空いていた。04月上旬には書類の不備、且つコロナ勃発でマスク装填の市民で混雑していた。限られた厚生年金の最低限の収入だからこの確定申告の税の戻りは一ヶ月の年金にも相当する。身障者手帳も交付されているから今年は158000円の“戻り金”。三菱の銀行への振込だからそのまま各種の支払いになる。電話・電気・ガス・水道・スマホ・ソフトバンク・NHK。この額だと4ヶ月分くらいになるのか。

筆者の同じ短歌会同人だった女性は、ブログで宝くじの高額当選をゲットした報告があった。高額にもいろいろあるが10万円以上だろう。都の看護師の公務員を勧奨退職で、確か〇千万円の退職金が手付かずと聞いているから、やはり金運はもって生まれたものと思う昨今だ。ところですっかり忘れていたが、今日は誕生日。76歳。同じ申年の24歳上は、亡くなったが、原節子、同じ短歌会で同じく19・06・17生の〇美智子さん。

10年ほど前一気に読んだ新書で曽野綾子氏の『老いの才覚』の年齢の仕分けが面白かった。

◇初期高齢者◇中期高齢者◇後期高齢者
晩期高齢者◇終期高齢者◇末期高齢者

後期高齢者の75歳を過ぎれば晩期高齢者だ。その曽野綾子氏は1931年・昭和06年生で88歳、まだまだ保守の論客で頑張っている。多くの貧しいアフリカ諸国を探訪しているから間違いなくその解釈はほんもので至言。勝手に忖度・斟酌引用させていただいた10年前の記述を次回再録。

晩期高齢者に突入、しかも身体的に腰椎骨折、肺気腫で酸素ボンベ装填、腹部大動脈瘤ならばいつ爆発しても仕方ない。これも運命。「天邪鬼の探索考」を急ぎたい。悪い外務大臣だった松岡洋右、軟弱な首相だった近衛文麿の汚名は定着、昭和天皇の内大臣だった木戸幸一の評価は甘い。近衛を通して三人の交流は長い。日米開戦は帝国陸海軍軍人の悪行だったことは明白。非軍人の三者を中心に「天邪鬼の探索考」を推敲中。ただし何度も言うが素人の読解文。平成24年購入のソニーの液晶ディスクトップ。26年購入の富士通のノートパソコン、二種とも大分動きが鈍ってホームページビルダーの送信も危うい。リニューアルが必要だ。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/7/5  11:31

投稿者:なリひら
曽野綾子女史、老いてますます舌鋒に磨きがかかっていま
すね。88歳ですか。三浦朱門さんとおしどり夫婦でした
よね。でも、情報発信力は妻が一枚上ですね。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ