2020/6/29  21:19

石川啄木の子孫その後04  パソコン
筆者の私は所属短歌会07月号に「石川啄木の子孫その後」の随筆を書いた。いわば“歌聖”ともいうべき石川啄木のことだから、ややプライベイトに踏み込んでもいいだろうとの聊かの甘い考え。自分もへたくそな短歌を発表しているので少しでも肖りたいと思うだけ。

偶々印刷会社勤務だったので昭和の時代、先進的な印刷の雑誌「太陽」をほぼ毎月購入していたから「一握の砂刊行70年記念・石川啄木」特集(昭和55年11月号)は何故だか放棄しないで保存していた。そこに啄木の長女・京子の血筋の孫の石川玲児氏へのインタビューがあっただけのこと。この頃、筆者はまだ短歌は無縁。玲児氏は当時52歳。この方も平成10年、69歳で亡くなっている。その下の代、曽孫の石川真一、更に下の代も大人になっている。

偉大な祖先を持つのは部外者には面白いが、当事者は聊か重苦しいこともあるに違いない。曽孫の真一、啄木の友人だった金田一京助の孫の秀穂、啄木の身内の歌人、宮崎郁雨の孫の宮崎雅代は現代において催し物で集合することもあるという、いい繋がりだ。

添付の画像はその「太陽」からのスキャン。中央は婿の石川正雄、左側は長女の京子、右側は次女の房江、赤ん坊は京子の長女晴子、長男の玲児氏はまだ生まれていない。現代の啄木の血筋はこの京子の子、孫になる。京子が24歳で亡くなったので正雄氏は再婚した。再婚後に産まれたのが靖児氏。この方を父に持つのが石川和幸氏だった。ただ啄木の末裔・係累に歌人は居ないようだ。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/7/5  11:20

投稿者:なリひら
雑誌「太陽」は、父親が定期購読していたので、覚えてい
ます。他に「朝日ジャーナル」、「週刊新潮」、「文藝春
秋」、「旅」なども小さな寝室(兼)書斎に置いてありま
した。読書家の父でした。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ