2020/7/15  23:48

昭和の失敗02  昭和史
相変わらず果てしの無い「戦争の昭和史」に挑んでいる。ウェブ上にある戦争の昭和史はプロではなく断然アマチュアの近現代史にこだわる者の記述のように思う。筆者の私もその類。実際に戦争に駆り出された人物はおおむね寡黙らしい。戦争最前線のアジアの現地で小さな女の子を殺害せざるを得なかった市民は、無事帰国して子を成しても一生抱く事ができなかったこともあるらしい。

そうした市民を親に持つ家族が遺された資料からHPに纏めて世間に知らしめている例が多い。昭和史の泰斗・保阪正康氏が度々云う“天空のジャッジメント”が、おおよそステレオタイプの戦争論。戦争は残虐で日本の昔は悪かった、で終り。悪かったのは誰、何でとはならないらしい。確かに日本の高級将校は云わば戦争が商売だから間違っても「非戦」「避戦」は言わなかったのが殆ど。戦前、総理大臣に任命されても日米開戦を避けられなかった軍人は多い。昭和15年当時の米内光政・山本五十六・井上茂美帝国海軍トリオ。暗殺されないように国内を避けて洋上に出されたのが真相。神国日本を信じて止まない且つ武器を持っているテロ予備軍の皇国臣民がうようよ居た時代。

強大な予算と人員を動かしていた陸軍軍人は、自分たちが選ばれたエリートで世間一般の人間は“地方人”と呼ぶほどの傲岸不遜で政治家や外交官などの提言など言うことを聞かなかった。土壇場まで何とか日米開戦を阻止したいと努力した政治家も居て、そうした人物の一人が近衛文麿だった。土壇場で総理大臣を投げ出した“軟弱な総理”思われているが、そうではなかったと評価する現代史家の研究も最近は多い。「日米開戦」の真の責任者は、軍人の他にも多い。それを今、再読・三読して一市民の結論を導き出したいが、それすらも小さな不遜と言われそうだ。

添付は先頃亡くなったが鳥居民(とりいたみ)氏の学者の大人しい見解を通り越した内容。そこでは内大臣・木戸幸一の大いなる企みを明解にしている。

クリックすると元のサイズで表示します
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ