2020/9/26  23:51

現役軍人の首相  昭和史
何度も記述するが、「今更、何で」の疑問符がつくが、やはり太平洋戦争の読解の結論は報告したいと思うに過ぎない。今の世に殆ど建設的なことはない。平成16年の停年前後に買い求めた文庫・新書本が10数年経過して再読の今、存外“膝を打つ”発見になっている。文庫本にまだ帯のない時代のこと。平成時代中期、昭和回顧の本がブームになった。太平洋戦争の関係者は殆ど死没していたが、その家族が自分のホームページを作成して遺した資料を公開した。スマートフォン全盛になるのは平成時代末期。

「帝国陸軍は何をしたのか」で2点「東條英機という軍人首相「東條英機という軍人の周囲」を推敲して再びネットに送信した。赤字は推敲済。

極東の小さな島国が大国の植民地にならなかったのは大久保利通・西郷隆盛・勝海舟などの傑物のなせる業。彼等が成し遂げた日本の明治時代の末期、日清・日露戦争は薄氷の勝利。指揮官の軍人の教育は明らかなミス。気概を持たない暗記力の優れた頭脳優秀な軍人を輩出。

日露戦争の局地戦・短期決戦がカリキュラムだった。世界情勢を進取できない「戦陣訓」のみの軍人官僚が大正・昭和に闊歩した。結果は日本という国は滅びないが焦土と化した。

目次・はじめに
1 短歌反論の反論

2 一市民への徴兵 独立歩兵第8旅団 肝3322部隊
2-2 ある陸軍上等兵の死
3 日本とアメリカはなぜ戦争をしたのか
 @近現代史の分岐点 大正7年
 A日米開戦への道─ポイントオブノーリターン
 B日米間対立 松岡洋右の誤算
 C日米間交渉 近衛文麿の計算
 D日米間衝突 木戸幸一の打算
4 日米開戦に反対した人はいたのか
5 「昭和天皇独白録」にみる日米開戦の責任者達
6 帝国陸軍は何をしたのか
 @インパール作戦の一考察
 A東條英機という軍人首相
 B東條英機という人間周囲

7 帝国陸軍は何故支持されたのか
  昭和12年〜16年の世相
8 敗戦の決断は何故遅れたのか
9 昭和天皇に戦争責任はあるのか
10 あとがき エリート軍人の頭脳

クリックすると元のサイズで表示します
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ