2020/11/28  23:44

ドリームマッチ  身辺世相
日本中央競馬会のサラブレッドの競争など興味のない人は多いだろうが、競馬歴50年の筆者には、明日の「ジャパンカップ」は、後にも先にも二度と無いだろうと思われるレース。三冠馬3頭、菊花賞馬2頭、ダービー馬1頭が参加するのでテレビ観戦だけだが興味津津。

サラブレッドの年齢に4〜5を掛けると人間の年齢。3歳は人の10代後半。三冠馬とは馬の3歳時の一生に一度のチャンス、4月の皐月賞2000m・5月の東京優駿(ダービー)2400m・10月の菊花賞3000m。これをむろん同一年で勝った牡馬の称号。牝馬三冠は4月の桜花賞1600m、5月のオークス2400m、10月の秋華賞2000m。それが今年、牡馬・牝馬ともに出現。三冠馬は10年に一度の割合で現れる狭き門だからこれは特筆される。牡馬は「コントレイル」、牝馬は「デアリングダクト」。この2頭はデビュー以来無敗なのでこれもびっくり。

これに一昨年の三冠牝馬・アーモンドアイも参加。共同馬主の取り決めらしくこのレースが最後。このアーモンドアイは、2018年のジャパンカップ、昨年・今年秋の天皇賞、春のヴィクトリアマイル、他にドバイターフという海外のグレード1レースも勝利していて8冠馬とNHKのニュースでも話題になった。スポーツ新聞など人気球団・巨人が昨年に続きソフトバンクに4連敗で記事にして報道しようもない。否応もなく秋の競馬の記事が満載だ。スポーツ新聞が人間以外とはだらしが無い。

コロナ禍で場外馬券売場も制限、府中競馬場入場も制限されている。だがネットの普及で中央競馬会の売上は減らないらしい。会員登録の手続きは簡単らしくネットの馬券購入が爆発的に増えている。20代の後半、船橋の中山競馬場には足繁く通った。大儲けも少し大損も少し。ネットの購入は安易すぎて手を出せない。ともあれ寺山修司や大橋巨泉があの世でびっくりしているレースなのは間違いない。明日はアーモンドアイが勝つ可能性大だが、ここ2年使い詰めの気もして敗ける可能性も大いにある。今年の雌雄2頭の三冠馬は無敗なのでどちらかが負ける。ファンもそうだが生産者・馬主も今夜は寝られない。

添付はオリンピックファイヤー。

クリックすると元のサイズで表示します
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ