2020/12/27  16:41

戦争最前線  昭和史
前回の記述で戦病死した実父の死に様を母の実家に知らせてくれた上官の手紙を紹介した。重複するが横1mにも及ぶ達筆な和紙。

2─2 ある陸軍上等兵の死
≪「天邪鬼の探索考」の2─2≫としてページにした。

http://www1.odn.ne.jp/~ceg94520/mumyouan/mumyouS02-b.html

内容は上官の手紙、発病の日付から亡くなるまでが具に記述されていて感謝するしかない。添付は同上官から送られたきた葉書大の追悼カード。母親が再婚した後も大切に保存していた。広東省の路傍の花を“押し花”に使用した上官らしい遺族への差配だ。同ページには実父の亡き兄の家の未亡人から頂いた数々の書類も添付した。“お涙頂戴”の報告ではなく戦病死の事実だけを文章にした。小生の「天邪鬼の探索考」、残るは以下のページ。

2 一市民への徴兵 独立歩兵第8旅団 肝3322部隊
7 帝国陸軍は何故支持されたのか 昭和12年〜16年の世相
9 昭和天皇に戦争責任はあるのか
10 あとがき エリート軍人の頭脳

本年中に完成目指して頑張ったが叶わなかった。史料(文庫・新書・大型本)としては平凡なものだが、出版目的の学者の長年に亘る史料蒐集には到底及ぶべくもなく素人の読解の域を出ない。一市民の徴兵・訓練・2年間の経緯はおおよそ想像ができる。エリート軍人の拙劣な軍事支配と支持せざるを得なかった国民の大いなる乖離は今の世では辿ることができるということ。平成の時代に多くの先達が「昭和史」という分野を確立したことは肯うばかりだ。

取り敢えず以下の取得できる著書で「一市民の徴兵」を来冬早くに完成させたいというこの暮の意気込み。伊藤桂一氏は昨年98歳で亡くなった直木賞受賞作家。8年弱、中国大陸に従軍した。吉田と一ノ瀬は戦後生まれの大学教授だが、史料をふんだんに使って注目されている近現代史家。三野氏は昭和17年生で戦争最前線の武器、装備の著書の第一人者。『1億人の昭和史 陸軍史』は戦争最前線の画像・経験者の投稿が多く『ペン画の陸軍 軍隊内務班』は陸軍内部の実際が解かる。

◇参考史料として戦争最前線の事実を抽出している。
『兵隊たちの陸軍史』伊藤桂一 新潮文庫
『日本軍兵士』吉田裕 岩波新書
『日本軍と日本兵』一ノ瀬俊也 講談社現代新書
『皇軍兵士の日常生活』一ノ瀬俊也 講談社現代新書
『別冊1億人の昭和史 日本陸軍史』毎日新聞社 A4変型
『ペン画の陸軍 軍隊内務班』太田天橋 東都書房 A5変型
『日本軍小失敗の研究 正・続 三野正洋 光人社NF文庫
『帝国陸海軍の基礎知識』熊谷直 光人社NF文庫
『戦中用語集』三國一朗 岩波新書

クリックすると元のサイズで表示します
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ