2020/12/31  23:39

赤チン  身辺世相
例年、NHKBSでは大晦日に往年の洋画を何本も放映する。今年も「マイ・フェア・レディ」「ウエスト・サイド物語」「ゴッドファーザー1・2・3」と映画の録画派は忙しい。ゴッドファーザー1・3」は数年前に録画してあったので、特にTのマーロン・ブランドがいいのでDVDを取り出して再び見ている。往年の名画がデジタルリマスターで修復されているのでとにかく鮮やかな映像だ。大晦日のNHK紅白歌合戦は昭和の時代はよく見たが、今の流行歌は横文字とパフォーマンスでさっぱり判らない。演歌の実力派の福田こうへい・島津亜矢が外されているのが納得できない。

自分のブログを検索したら以下の5本のNHKBS録画を記述していた。

1968年『さらば友よ』アラン・ドロン、チャールス・ブロンソン
1969年『シシリアン』ジャン・ギャバン、アラン・ドロン
1970年『雨の訪問者』チャールス・ブロンソン
1971年『レッド・サン』チャールス・ブロンソン、三船敏郎、アラン・ドロン
1972年『ゴッドファーザー1』米 マーロン・ブランド、アル・パチーノ

12月29日には「三船敏郎生誕100年」の特集があった。つまり1920年・大正09年の生まれだった。戦争体験、俳優になる切っ掛け、黒澤明との出会い、志村喬との交遊等等。長男の三船史郎が解説していた。三船も黒澤も父が偉大すぎて息子は影が薄い。黒澤久雄も父の遺産で食っているのか。

12月20日の「日刊スポーツ」の後半に興味深い記事があった。“赤チン”という筆者の世代では懐かしい消毒液のメーカーが生産中止というニュース。唯一生産販売していた三栄製薬が終了する。これも懐かしい昭和の名残で正式名は「マーキュロクロム」。原液を高度の精製水に溶かすと赤色になったらしい。人体に影響ないが有機水銀剤が含まれるらしく、これも消える原因らしい。往時は手軽な消毒薬で100社も生産していた。今はマキロンという無色透明?の塗り薬が幅を効かせている。

クリックすると元のサイズで表示します
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ