2021/1/17  21:56

哀悼・半藤一利氏02  昭和史
≪加藤勝信官房長官は13日の記者会見で「日本のいちばん長い日」などの著作で知られる作家の半藤一利氏の死去について「大変残念だ。心からのご冥福をお祈りしたい」と悼んだ。映画化された「日本のいちばん長い日」を見たという加藤氏は、半藤氏について「『歴史の探偵』と自らを称して昭和の歴史を検証し、一般の人々に分かりやすい形で、後世に伝えていくことに尽力された。自らも歴史に残る功績を残された」と讃えた。≫

この表明を疑うわけではないが、政治家は自分の身分であるべく国会議員の選挙が大半の仕事だから、おそらく半藤氏の著書に親しんではいないと思われる。東京大学卒業の大先輩の仕事に尊敬の念はあるのだろう。

「日本のいちばん長い日」は半藤氏が尊敬する終戦のときの鈴木貫太郎も描かれる。だが帝国陸軍の最後のあがきが主題だった。文春新書の『日本のいちばん長い夏』は昭和38年06月の30名に及ぶ大座談会だった。今村均陸軍大将はじめ6人の軍人、迫水久常など政治家外交官6人、作家・学者・俳優が18人。司会者の半藤氏が大きな料亭へ招待してのものだった。

畏友が読んでみたいというが、興味の焦点によって違ったものになる。3年前の11月21日に「蔵書49半藤一利」として紹介した。保阪正康氏や加藤陽子氏の対談形式の著作は次回紹介。添付は3人の鼎談集。

蔵書49 半藤一利
◇『指揮官と参謀』文春文庫 1992年
◇『歴史探偵 昭和史をゆく』PHP文庫 1995年
◇『戦史の遺書』文春文庫 1997年
◇『ドキュメント太平洋戦争への道』PHP文庫 1999年
◇『戦う石橋湛山』中公文庫 1999年
◇『昭和史が面白い』半藤一利編著 文春文庫 2000年
◇『日本史が楽しい』半藤一利編著 文春文庫 2000年
◇『ソ連が満洲に侵攻した夏』文春文庫 2002年
◇『真珠湾の日』文春文庫 2003年
◇『日本を振り回した6人の男たち』半藤一利編 小学館文庫 2003年
◇『日本のいちばん長い日』文春文庫 2006年
◇『聖断 昭和天皇と鈴木貫太郎』PHP文庫 2006年
◇『昭和史T〜Y 1926─45』ちくま文庫 2006年
◇『昭和史残日録1926─45』ちくま文庫 2007年
◇『山県有朋』ちくま文庫 2009年
◇『ぶらり日本史散策』文春文庫 2012年
◇『荷風さんの昭和』ちくま文庫 2012年
◇『幕末史』新潮文庫 平成24年
◇『十二月八日と八月十五日』文春文庫 2015年
◇『昭和史を歩きながら考える』PHP文庫 2015年
◇『日本のいちばん長い夏』文春新書 2007年
◇『山本五十六』平凡社ライブラリー 2011年
◇『昭和史1926─45』平凡社ライブラリー 2009年
◇『隅田川の向う側─私の昭和史』創元社 2009年 四六判
◇『あの戦争と日本人』文藝春秋 2011年 四六判
◇『昭和史 戦前篇』平凡社 2004年 四六判・平凡社ライブラリー
◇『昭和史 戦後編』平凡社 2006年 四六判・平凡社ライブラリー
◇『日本型リーダーはなぜ失敗するのか』文春新書 2012年
◇『B面昭和史』平凡社 2016年 四六判
◇『なぜ必敗の戦争を始めたのか』半藤一利編 文春新書 2019年

クリックすると元のサイズで表示します
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ