2021/1/24  23:07

千秋楽  身辺些事
日本人の美意識など到底望めないモンゴル人がここ15年「横綱」の大相撲。ハングリー精神旺盛だから勝負は強い。恵まれて育った日本の若者は3Kの大相撲などあまり興味がない。3Kはきつい、汚い、危険。高校・大学の相撲部出身が多く昔のように中学出の裸一貫の力士は少なくなった。身体が大きく単なる“デブ”では、十両以上の給金の出る力士は育たないだろう。公益法人など言っているが、相撲を取り巻く環境は旧態依然。30歳過ぎればいわゆるタニマチという大金をポンとくれる人物など少ないから親方になれない。役力士でも引退後は“ちゃんこ料理”店開業となる。この辺はプロ野球も同じ。

二人の横綱は、引退同然なのに日本人大関はチャンスなのに肝腎のところで甚だ弱い。三世の琴ノ若、モンゴル人の豊昇龍、休場だったが若隆景などが希望の星だ。昔の柏戸・大鵬、輪島・北の湖、貴乃花・若乃花兄弟などの華があって強い力士が欲しい。だが旧態依然の制度の儘では怪我人が増えるばかりで力士生命の短命、人間としても無理に身体を大きくした皺寄せが短命となる。

旧態依然の相撲協会理事では改革は無理だ。先ずは土俵の高さを低く、土俵下には“土色のマットレス”でも敷いて怪我人を少なくすること。体重制限で160キロ以上は出場停止とか、何らかの改革が無ければ大相撲は廃れていくばかりだ。相撲は単なるスポーツでなく神事・伝統を無くすことはないが、力士の無事があっての大相撲。小学生の頃、大相撲巡業を観たことがある。横綱朝潮、平幕の鳴門海が記憶にある。鳴門海は100キロに満たない力士だった。

半藤一利共著
『昭和史裁判』半藤一利・加藤陽子 文藝春秋 2011・07
『文藝春秋SPECIAL昭和史大論争』平成27年秋
『父が子に教える昭和史』半藤一利他 文春新書
『昭和の名将と愚将』半藤一利+保阪正康 文春新書
『そしてメディアは日本を戦争に導いた』半藤一利・保阪正康 東洋経済
『賊軍の昭和史』保阪正康・半藤一利 東洋経済
『なぜ必敗の戦争を始めたのか』半藤一利編・解説 文春新書
『「昭和」を点検する』保阪正康・半藤一利 講談社現代新書
『「戦後」を点検する』保阪正康・半藤一利 講談社現代新書
『世界史としての日本史』半藤一利・出口治明 小学館新書

クリックすると元のサイズで表示します
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ