2021/2/22  21:43

畏友 追悼04 若い女  身辺些事
実質、2年前のメールだった。増田という友人は國學院大學出身、いろいろな職業を経験したらしいが、定年後もずっと仕事をしていた多分偉丈夫。営業畑が多かったらしく自分の経験則から若い女性の対応、字の読めないあっけらかんとした態度に我慢がならなかった。以下のメール文を読む限りでは、筆者の私も納得。小生は喫煙が祟り「肺気腫」に罹患したのを切実に感じて禁煙を考えていたのが解かる。(2018・12・16)

先月無煙タバコ Glo(ケントの関連)を購入。取説を読むのが面倒で放置してた。数日前、箱を開封。取説を読みながら充電し、スティックを挿入し吸引。全く作動しない。Gloに問い合わせた。受付の女の無教養さに唖然。教養が無くても生きていける感じ。先ず説明が要領を得ないので近くのショップの有無を質問。千葉市とインニシ市にあるとのこと。それで「いんざい」と読むことを教えた。提携店も木更津にはない。では県内の提携タバコ店を聞くとサハラにあるとのこと。「サワラ」と読むことを教えた。だんだん不愉快になって交換、修理を告げると名前を聞かれた。

マスダクニアキと告げる。漢字では?の質問で増田は理解したが、ついでクニを説明。「音楽のヨウガク、ホウガクのホウだよ」「東西南北のホウガク(方角)のホウ(方)ですね」ときた。ついに切れた。「貴女、出身は中国?」「山口です??」「大学出てるの」(ケント関連、港区の会社で当然だろうが)「出ています??」「東京に住み、問い合わせ窓口ならもう少し地理と本を読み漢字を勉強したほうがいいですよ??」と言ってしまった。

若い者は…とは言わないが、知らないことでも生きていけま〜す。ジジイうざい。と言うことなんでしょうね。手前味噌ではないがうちの孫たちのほうがまし。伜に厳しくした成果と思う。添付は最近見た映画と次に見る映画。炊き込みご飯にはまっている。

クリックすると元のサイズで表示します
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ