2021/2/23  22:40

畏友 追悼05 愛の伝道者  日本史
中学時代、墨田区横川橋4丁目に互いに住んでいた。この友人の父親は服部時計店・精工舎勤務。その社宅に居住していた。下村湖人の「次郎物語」の岩波文庫を読んでいた。真面目な人生を歩んで居たかと思っていたが50数年後の再会後は、だいぶ人生の修羅場を潜ってきたように推察できた。ビールが好きで大いなる喫煙者だった。早くに乳癌で妻を亡くしていた。ここ7年間の交遊は偏に鰥(やもお・連れ合いが欠け独居)の生活と小生のパソコン人生に賛同してくれた結果。ここから先は老いて尚盛んだった友人の言う“愛の伝道者”の告白。二人の女性は多分友人の死は知らないと思う。(2018・12・06)

元気にやっているか? こっちは相変わらず佐原と木更津の女性の間を団鬼六著「我、老いてなお、快楽を求めん」が如くに精勤している。

佐原は遠すぎるし有料道路、ガソリン代も馬鹿にならない。行くと5日は泊まって来る。そうすると木更津の女性からは「昨日、何度も電話したが出ない。心配して昼と夜中の2時にアパートに行ってみた!車がなかった!どこに泊まったの??」と詰問される。頭のいい女性ゆえに当方の言いかたに辻褄が合わぬことをビシビシくる。最後は「まぁいいや。ピンサロかソープの女でしょうけど…歳を考えなさいヨ!」で収まる。佐原に行ったことは口が裂けても言えない。言ったら大変なことになる。お互い充分過ぎる程の知己の間柄。お互いの家も知っている。佐原は大人しいが木更津は激情の性格。集落中にビラを撒いて住めなくしてやる!と前々から言っている。

10月、横浜三渓園に車で行って来た。小学校の遠足以来でその折りは何にも感じず、ただ行っただけの感慨。やはり歳をとると感じるものが違う。実業家にして茶人・原三渓の趣味人の趣きが随所に出ておりとても良かった。

10月末、富岡製糸場に行ってきた。世界遺産になった当座はミーハーばかりでわざわざ行くような所ではないと思っていたが、広大な土地に製糸工場と関連工場、発電所、診療所、寄宿舎、体育館、食堂など100棟の建造物群と明治の「国づくり」の息吹きに圧倒された。滞在は4時間を超えた。更に説明看板を読むと何と三渓園を作った原三渓が富岡製糸場を40年近く経営していたことが。最初官営、次に三井そして片倉工業と思っていたが片倉工業の前に原がやっていたようだ。木更津の彼女も驚いていた。

クリックすると元のサイズで表示します
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ