2021/3/25  21:04

03年03月ネット歌会  昭和史
所属短歌会では昨年04月からコロナ禍で例会は休止。パソコンを操作できる会員20名弱で「冬雷ネット歌会」を挙行。これは逆に首都圏に住まない会員も参加できるから一長一短がある。仙台、福山、カナダの会員が参加して一人2首の歌を鑑賞・批評できる。筆者の応募した03月号の2首は以下の通り。更に鑑賞してくれた方の書き込みの要約を添付する。

吾が父の死に様の推移を三尺の和紙に認め呉れし陸軍大尉
最後の二行小さき文字の楷書にて読解を依頼す書家の歌人に

会員SM氏女性
陸軍大尉が書状として丁寧に書いてくださったのでしょう。そのことの感謝、亡き父への思い、最愛の父の命を奪った戦争とはどういうものだったのか、─。「三尺の和紙」という言葉も歌の中で時代を感じさせる重みがありますね。
二首目 その書状の最後の二行は楷書であっても、現代では使われない漢字だったのでしょうか。
会員MH氏男性
「三尺の和紙」の長さに感謝の意を強めていると思います。沖縄戦で多くの民間人を手榴弾自殺に追い込んだ将校が生き残り、その塹壕の様を得意そうに語るのを見て腹立たしく思いましたが、この歌のような思いやりのある軍人もおられたことは賞賛すべきことと思います。
会員NS氏男性
これは先の太平洋戦争で徴兵され戦病死なされた父君の当時の状況を、上官が遺族宛に知らせてきた手紙のこと。戦場という劣悪な環境で病気になれば助かるものも助からず棄兵の道を辿るほかなく、戦死者のうち病死・餓死が多くを占めているということは記録が語っています。この歌では「死に様」のひと言に思いが籠められていると思います。
会員TA氏男性
2首目の最後の二行「小さき文字の楷書にて」で、三尺の和紙の構成が分ります。かな交じりの草書体、最後は意を伝えたく小さな楷書の文字で2行ほど。真相・実情を知りたく更に解読をと、気迫が伝わり来ます。
会員NK氏女性
陸軍大尉の三尺の中身を読むことは、作者にとっては、大事な父のことを知る重要な仕事だったと思われます。作者という人間のアイデンティティに関わることでもあったと思います。
会員NT氏男性
一首目:やはり具体的な「三尺の和紙」に生き証人となった。元陸軍大尉の誠実さが伝わってきます。「和紙に認め呉れし陸軍大尉」は、本来は「和紙に記せる陸軍大尉」などでしょうが、作者に認知させたという意で「認める」という言葉をどうしても使用したかったのだろうと感じました。
会員MK氏男性
Nさんの評文から一首目の作品の読みを誤読された様に思う。四句「和紙に認め呉れし」の処です。此処は同じ漢字ですが「和紙に認め(したため)呉れし」です。和紙に書き記してあると言う事です。確かなところはどうでしょうか。

以下は小生の感想への返信文。これも要約。
今回もたくさんの鑑賞有難うございました。─やはりN氏のように若い現役のサラリーマン、太平洋戦争のことなど興味を持て!?が、まず無理ですね。M氏の指摘の通り、これは「認め」(したため)です。これも上官の仕事。
ここで戦争の是非は避けて、中隊(100人規模)の司令官は尉官クラス、陸軍士官学校を出ているエリートで、部下の死は上部へ報告、遺族に通知するのも仕事でした。陸軍幼年学校、陸軍士官学校は13歳から7年、兵棋演習は当然ですが、剣道・柔道・書道・ドイツ語・ロシア語は必須。戦前のエリート軍人は和紙に候文も心得ていたようです。

二首目は選者のKY氏にお願いしました。有難いことです。
二文字ではなく「営」の正字「營」であり“集中營”となります。敗戦後、撤退の行軍の中途「集中営」を設営、戦死者の慰霊祭を敢行したらしいです。
上官は路傍の花を押し花にして持ち帰り「単カード」にして送ってくれました。昭和21年、小生は満2歳、ここまですると陸軍大尉の性格が解ります。正に「死に様」の詳しい報告と追悼です。「生き様」という昨今の言葉は基本的に間違いだと思います。

「営」の正字読み解かれをり駐屯地の慰霊祭ゆゑの集中營≠ニ知る

クリックすると元のサイズで表示します

最後の2行
尚同封の押花は、去る十二月四日廣東集中營に於いて御部隊慰霊祭の獻華(けんか)に候故、御佛前に御俱(そな)へ被下侍(そばに置いてくだされたく)候

クリックすると元のサイズで表示します
0

2021/4/13  20:09

投稿者:湘南の暇人
歌姫さんは「退会」です。
字句間違えました。

http://www1.odn.ne.jp/~ceg94520/homepage/

2021/4/13  20:06

投稿者:湘南の暇人
こんばんは。
コロナ禍では仕方ないですね。
一部屋を借りてのスタイルは数十年の例会らしいです。
参集するメンバーは限られます。
ネット歌会は、これはこれでいいと思います。
福山、大阪、宮城と遠方の会員も参加で20名くらい。
ただしパソコンに無縁の方は参加できませんね。
冬雷のネット歌会は本名公開です。
いつでも見られる按配ですからご覧ください。
猫好きの阿修羅歌姫さんは、自転車事故が原因で大会さ
れました。ブログは続けて居られます。

http://www1.odn.ne.jp/~ceg94520/homepage/

2021/4/5  10:52

投稿者:なりひら
コロナ禍の中でも、短歌会は工夫されて立派に存続してい
るのですね。「吾が父の死に様の推移を三尺の和紙に認め
呉れし陸軍大尉」・・味あわせていただきました。皆さん
のコメントがとてもいいですね。双方向のコミュニケーシ
ョンが素晴らしいです。

https://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ