2021/4/20  22:09

4月18日  昭和史
新聞もテレビもコロナ禍一色。イギリスは感染者が減りつつあるらしいが、それはワクチン接種が功を奏したらしい。日本のメディアも現実問題としてワクチン接種の報道が大きくなった。

04月18日は「アメリカ真珠湾攻撃」の立役者、山本五十六の命日。昭和18年・1943年のこと。もう78年も前のこと。当時、日本の軍部はこれを秘匿。軍事機密の秘匿は当然だが、山本五十六の戦死を一ヶ月も隠していたのは隠蔽だ。それから一か月後の06月05日に国葬が行われた。

いわゆる天空のジャッジメントで後付けの解釈だが、戦争に負けたことのない日本が負けるだろうと思った人も出始めたのではないか。私の父親が招集されたのは18年10月27日、倒閣容疑の代議士・中野正剛が割腹自殺している。21日、神宮外苑で徴兵されずにいた学生の“学徒出陣”が雨の中、挙行された。11月05日は「大東亜会議」なるものが行われて悪あがきだった。

「鬼畜米英」「撃ちてし止まむ」などのフレーズを多用、当時の朝日新聞が率先して戦局を知らない国民を鼓舞した。知らないことは恐ろしい。翌19年になってフィリピン・サイパンが官民全滅。翌20年の日本本土空襲の基地になった。世界戦略など全く知識のない東條英機首相には軍人は元より政治家も拱手傍観の態。

私の父親は「日国」という戦闘機を造る会社の社員だった。当時の軍部は経済・国力など何も考えない為体。戦争に必要な飛行機・船・武器などの生産を無視。肉弾兵器の兵員は“ねこそぎ動員”になった。筆者の父親が戦争に行くこと自体が日本の敗戦の証拠だ。

添付はサラサモクレン。

クリックすると元のサイズで表示します
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ