2021/6/14  20:20

太平洋戦争 七つの無  昭和史
今年1月早々、昭和史の先駆者、半藤一利氏が亡くなった。90歳だった。やはりワープロ・パソコンが主流になる前の編集者にして作家。文藝春秋3月号に特集があって最後の原稿も原稿用紙に認められた。『歴史探偵 忘れ残りの記』のあとがき。何といっても『日本のいちばん長い日』は傑作。当時は文藝春秋の社員にしてまだ30代、ノンフィクション作家の始祖とも言える大宅壮一の名を冠して監修としたらしい。昭和天皇実録にこの映画を観たという記録も残っているらしい。共著の多い保阪正康氏は陸軍軍人の聞き取りから専門家となったが、半藤氏は高等学校が山本五十六と同じで新潟長岡高校。したがって海軍に詳しい。両者ともに一致するのが、薩摩・長州、鹿児島・山口県出身の愚かな高級将校の無謀な作戦の数々。

重複するが筆者の私の論考の『天邪鬼の探索考 戦争の昭和史』は以下の5点が未完成。中学時代の畏友が1月に心臓麻痺か脳溢血かで突然死している。早く終わらせないと素人の未完成論考で顧みられない羽目になる。

2 一市民への徴兵 独立歩兵第8旅団 肝3322部隊
7 帝国陸軍は何故支持されたのか─昭和12年〜16年の世相
9 昭和天皇に戦争責任はあるのか
10 太平洋戦争の結末“紙の上の戦争”
あとがき エリート軍人の頭脳 七つの無

10章「太平洋戦争の結末“紙の上の戦争”」乃至「あとがき」に専門家の「七つの謎」を真似て“太平洋戦争七つの無”を追加することにした。この事実の抽出を急いでいる。これでは今も昔も日本は戦争に勝てない!!

1 政略が無い リーダーが居ない、外交を知らない。
2 戦略が無い 戦史を知らない、短期・局地の戦争しか知らない。
3 戦術が無い 総力戦を知らない、世界を知らない。
4 能力が無い 専門家が居ても、年功序列が優先する。
5 武器が無い 予算が無い、研究しない、現実を知らない。
6 情報が無い 相手を知らない、知ろうとしない。
7 国力が無い 技術が無い、資源が無い、経済が弱い。

クリックすると元のサイズで表示します
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ