2021/9/19  23:15

ポツンと一軒家  映画TV
テレビ番組は、食事どきのニュース・ワイド番組を見るが、毎週楽しみに待つ番組は途絶えて久しい。昔のような時代劇は、制作費が多分嵩むからか無くなった。したがって毎週楽しみに待つ番組は殆どない。NHKのニュースはCMが入らないから安心して見る。だが地震があると震度5であれば繰り返し眺めることになる。

夕刻以降は専ら読書・パソコンのユーチューブになるが、最近録画して楽しみに待つ番組ができた。NHKの深夜に近い25分の「72時間ドキュメント」もいいが、テレビ朝日の「ポツンと一軒家」という番組、制作はどこか知らないが全国ネット。二年前かNHKの「韋駄天」が、視聴率が上がらず、この番組が評判になった。ポツンと山中に仕方なく生活しているからが目的ではなく、そこに一軒家の運命があった背景が、とにかくその運命を恬淡としている生活に惹かれる。チャプターでCMをカットできるから20本を繰り返し観た。ただ殊更主に“軽”でしか走れない道路事情を描写するのは如何。

その切っ掛けになったのが03月14日の熊本県の農家。母親は妻のいる実家に96歳で暮すが、墓所のある元農家を息子が護っている。昔はシイタケ生産が主で稲作の唐箕(とうみ)など処分されずに保存してあった。本年01月から録画、元・現農家は、私の幼少時の記憶にあって馴染み深い。今では米作は脱穀も精米も機械化されている。本日の放送は北海道らしい。

画像はプリントスクリプト。どの回かは不明。

クリックすると元のサイズで表示します
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ