2009/8/18  18:29

踏み台  身辺些事
この春、看護師を勧奨退職した友人が居る。むろん若い時から地方公務員だったので退職金はたっぷりだろう。短歌の友人のその女性は堰が切れたように外国旅行やゴルフや美術館めぐりに明け暮れている。

筆者は国家公務員や地方公務員のべらぼうな給料・ボーナス・退職金にかねがね疑問をもって居る。下々の公務員まで民間の中小の会社員の倍のものを貰っているからである。近い将来、その厚遇が原因で国家も地方も財政が行き詰まるのは目に見えている。国家のパンクは確実と思う。だが筆者は看護師・警察官・自衛官など国を守る、国民を守る公務員は高給でいいと思っている。介護の現場の薄給は特殊法人を整理すれば改善されるだろう。

その友人が踏み台を使ういい運動を教えてくれた。散歩・ジョギングよりはるかに「スローステップ運動」なるものはいいらしい。コレステロール・中性脂肪の健全化、膝痛にもいいらしい。拙宅の一階の居間はパソコンルームだが司馬遼太郎・池波正太郎・藤沢周平の文庫本・歌集を収めた本棚がある。天井にまで達しているので市販の踏み台を使う。

十数年前オーディオのラックを作ったとき、余った板で踏み台を作った。これが約20cmの高さなので丁度いい。一日2回10分づつ上り下りの運動をする。確かに10分で汗びっしょりである。左は市販、右は自作の踏み台。画像の2枚目は本棚上部、天井で止めてある。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ