2009/10/21  19:43

A4判変形雑誌  読書
どこの出版社が始めたのか。A4版変形の週刊誌スタイルの雑誌がある。筆者が購入・所持しているものでも何種類もある。今、現在でも書店の店頭には「鉄道」やら「世界遺産」?やら数多い。全部は付き合って購入できない。

講談社発行の「日録20世紀」という雑誌がそのハシリかも知れない。表紙も含めて48ページの仕様。20世紀だから100冊ある筈である。昭和前半の太平洋戦争時代の主要な政治・軍事・事件が日毎に記録されているので便利で貴重である。ただしA4の変形(縦がA4の寸法で横が1.5oほど幅広)なのでスキャンしても3か所に分かれてしまう。添付は第1号で1959・昭和34年、筆者が中学3年生の年。現天皇の成婚、伊勢湾台風、歌謡曲は「古城」、書籍は「にあんちゃん」。

20世紀だから100冊なのだが、このシリーズは第1号が平成09年・1997の発行。完結したのが平成11年・1999である。1998年「横浜ベイスターズ」が日本一になった年の記録でおしまい。つまり1999・2000年は発行そのものが無し。この1998年のあと、1899・1900年を追加しておしまい。100冊には違いないが…。これを世間では「尻切れトンボ」という。講談社には困ったものだ。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ