2009/11/26  19:30

原爆碑  昭和史
昭和40年代「日本人とユダヤ人」なる本がベストセラーとなって角川文庫でまだ版を重ねている。このとき以来あらゆる日本人論が盛んになったような気がする。添付の画像の「原爆碑」はいろいろな日本人論・昭和史で取り上げられる碑文で日本を特徴づける言葉と紹介される。

 「安らかに眠って下さい 過ちは繰り返しませぬから」

日本人ならなんとなくわかるが外国語に訳すのは難問らしい。主語が無いからである。原爆を落とすのを命令した大統領が言ったのか、エノラゲイの搭乗員なのか、あるいはアメリカ合衆国なのか。ここで頭を垂れる人は皆どう思っているのか。数秒で真っ黒になって殺された数万人の市民はこんな碑文で納得しているのか。聞きたいものだ。こんな碑文を考えたのは広島大学の教授らしい。大学教授クラスの頭脳を持つ人は日本の文法さえ判らないとみえる。まさか軍国主義者に指導された日本は悪い国だから仕方が無かったなどと思う人はいないと思うが…。

日本に平和主義者はあまた居るが原爆を落とした当事者をまさか知らない筈はないと思う。念のために記しておきたい。平和主義者は以下を暗記すべし。

@原爆を落とした国 → アメリカ合衆国
A原爆投下を命令した人 → アメリカ第33代大統領ハリー・トルーマン
B原爆(リトルボーイ)を投下した人 → ポール・ティベッツ陸軍大佐

クリックすると元のサイズで表示します
2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ