2010/8/16  23:36

靖国神社問題  昭和史
このブログを今年になってから、丁寧に投稿していただく宝塚市の「なりひら」様には感謝申し上げたい。

なぜA級戦犯が合祀されて昭和天皇・今上天皇さえ参拝できなくなったのかは、ウィキペディアの「靖国神社問題」、筆者の「無明庵」の「靖国神社考」を読んでいただきたい。そのなかから、問題点を抜き出してみる。昭和60年代、宮内庁長官「富田朝彦メモ」によって発覚した。昭和天皇の述懐である。

<私は 或る時に、A級が合祀されその上 松岡(洋右)、白取(白鳥)までもが、
筑波(藤麿)は慎重に対処してくれたと聞いたが
松平の子の今の宮司がどう考えたのか 易々と
松平は平和に強い考があったと思うのに 親の心子知らずと思っている
だから私 あれ以来参拝していない それが私の心だ>


<A級戦犯14人を合祀した当時の松平永芳宮司の主張は「政治的には日本とアメリカその他が完全に戦闘状態をやめたのは、サンフランシスコ講和条約を発効した昭和27年4月28日だ。つまりこの間は国際法では日本は戦闘状態にあったのだ」と考えで、こと松平宮司に関していえば極東国際軍事裁判を戦時下における政治的行為の一種とみなしているらしく、A級戦犯は戦場での死と同じで「昭和の殉難者」であるということらしい。この考えは30年経ても靖国神社に一貫して踏襲されている。いわゆる皇国史観とはこういうことらしいのだが、昭和天皇から内々に「参拝はできませんよ」との意向が示されたにもかかわらず無視したのは、私は間違いなく本末転倒だと思うし、昭和天皇の意向に逆らってまでもA級戦犯を合祀した理由はいかなるものなのか。私にはそうした極端なイデオロギーは理解できない。そこには、昭和30・40年代の旧厚生省の旧軍人グループの思惑、日本遺族会の思惑、靖国神社の最高責任者の宮司の思惑がトライアングルを形成していてことが進んだらしいのである。このへんの経緯はたいへん複雑怪奇でここでは敢えて触れない。>

つまりは今は憲法上「靖国神社」は寄付金だけで運営されているので多額の寄付金を呉れる遺族会を無視できなかったらしい。しかし筆者はA級戦犯が分祀されるのは時間の問題だと思う。

なりひらさんは「後世に語り継ぎたい戦争の記憶」をページにされている。かなりの労作である。7項目にそれぞれ投稿を試みたい。画像は昭和53年以前に分祀されていた祠。

クリックすると元のサイズで表示します
5

2010/8/19  22:29

投稿者:湘南の暇人
小生の父親も戦死です。昭和20年11月、敗戦が決定したにも関わらずマラリアで死にました。もう一年早く戦争が終わっていたら、内地へ帰還できたかも知れません。昭和19年・20年を仔細に調べると、それは甚だ困難だったことが解ります。
小生の父親も靖国に祀られている筈だたと尋ねたことがありますが「なしの礫」でした。310万人も戦死していれば、所属部隊なんぞで解るはずもありません。
最近、没交渉だった実父の実家からいろいろな遺品を貰いました。
昭和31年、小生が小学校6年生のときに合祀されていました。確かな証明書を請求すると高額な寄付金が待っているようです。

http://www1.odn.ne.jp/~ceg94520/homepage/

2010/8/18  23:35

投稿者:なりひら
私のことまで紹介いただいて、恥ずかしい限りです。父が特攻待機生だったこともあり、子供の頃から、太平洋戦争の話をよく聞かされました。自然と問題意識が育っていったのだと思います。その父も87歳になり、現在、入院中です。
ところで、靖国神社へのA級戦犯合祀が、昭和天皇のお考えとは違っていたという話は、やはり事実だったのですね。この神社が献金のみで成り立ち、その大口スポンサーが遺族会なら、何をか言わんやですね。勉強になりました。


http://happy.ap.teacup.com/applet/ibaraki-doji/msgcate2/archive

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ