2010/8/30  23:34

「インパール作戦」とは 02  昭和史
先日、イギリス・ロンドン在住の「ビルマ作戦会会長・マクドナルド昭子」さんの書き込みがあって、「インパール作戦」の事を書いた。この作戦を指揮したのは牟田口廉也陸軍中将で中国の盧溝橋事件でも日本が深入りする元を作った軍人。(「昭和の名将と愚将」P207)

昭和史のあらゆる書を読んでも、誰も評価しないどうしようもない軍人が居るもので、そういう軍人はなぜか、戦後も生き延びているのである。シベリア抑留の密約で知られる瀬島龍三、数々の拙劣な作戦で知られる辻政信・服部卓四郎・田中新一、多くの死者を出していながらフィリピンから台湾へ逃げた冨永恭次、戦争をやりたくて仕方がなかった海軍の石川信吾等々。

牟田口廉也は戦後GHQに拘束されたが、極東国際軍事裁判では、罪に問われなかった。たくさんの日本軍兵士を死に至らしめたのだから連合国には味方したも同然という理由で無罪だった。この裁判は、太平洋戦争の主に日米戦争に関わった軍人が訴追されて、日本軍が惨敗した「インパール作戦」は不問に付されたものと思う。

インパール作戦で100人中91人が死んだ。数少ない生き残りの兵士は、敵は英軍でなく@に司令官(牟田口廉也)Aにマラリアと蚊Bに飢餓、Cにやっと英国・インド軍だったと言う。

前述のように平成05年、NHK特集で6回にわたって放送され、平成07年、角川文庫に纏められた。当時はアナログ放送でパソコンの静止画キャプチャーで容易に映像から画像を保存できた。この放送で「インパール作戦」も司令官の牟田口廉也も、前線から撤退命令を出した31師団・佐藤幸徳中将も知ったに過ぎない。

クリックすると元のサイズで表示します
5


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ