2010/12/14  22:06

有楽町大黒天  身辺世相
12日の短歌会例会は、江東区豊洲、有楽町から東京メトロに乗り換える。

有楽町駅前で、暮のジャンボ宝くじを10枚買った。今日は平塚駅前で10枚のバラ券を買った。最高1万円しか当たらないので、そろそろ大きいのがと思って皆、買うのだが確率から言えば、各都道府県に一人くらいの億万長者が出るのだろうか。当たるわけもない確率だが、毎回、止せばいいのにと思うが買わなければ当たらない。

有楽町駅前は2億の当たりくじがよく出ているので長蛇の列だった。添付はなぜだか「有楽町大黒天」。大黒天は本来は、ヒンドゥー教のシヴァ神の化身である。日本には密教の伝来とともに伝わり、天部と言われる仏教の守護神達の一人に数えられる。これが神道系になると、「七福神」の中の一つになる。大黒が五穀豊穣の農業の神、恵比寿が大漁追福の漁業の神、た商業においても農産物や水産物は主力であったことから商売の神としても信仰されるようになっていった。(ウィキペディア参照)

筆者は天の邪鬼につき、別に手を合わせることも無かった。有楽町駅前に高額の当たり券が多く出るのは、単に買う人が多いからだけだと思うが…。

クリックすると元のサイズで表示します
2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ