2011/1/28  16:40

消費税増税確実  政治
筆者は経済オンチだが、日本の行政府の最高責任者が「日本の国債ランク格付落ち」を自ら「疎い」とのたまわってしまったことは問題だ。とんでもない人が総理大臣に就任していると思うが甚だ困ったことである。素人でも国債の価値が落ちれば、どんなに安くても厚生年金受給にひびくことは判る。

菅直人改造内閣は、完全に消費税値上げ内閣であることが見え見えである。若い官房長官の後ろには高齢だが旧大蔵省出身の「藤井裕久」氏が着き、財務省の回し者と言われる自民党で財務大臣だった与謝野馨氏が就任。大歌人「与謝野晶子」の孫は、同じ選挙区で戦った海江田万里氏(経済産業大臣)が内閣に居るのに他党からの入閣。これは誰が考えても「消費税値上げ内閣」であることが判る。貧困層が増えていることなどよりは、財務省のメンツと裁量権の確保が優先されているのは筆者でも判ることである。

税収より国債発行額の方が多いとはゆゆしき事態だと国民だれもが感じている。消費税値上げは、また自民党政権に戻っても同じだろうと、そろそろ覚悟したようにも思う。だが筆者がかねがね思っていることだが、国民に増税をお願いするのに、多大な無駄を既得権益で手放さない「公務員」の制度改革はどこに行ったのだろう。庶民でもおかしいと思う「天下り」は温存されたままである。これに異を唱えた中堅官僚はあからさまに窓際に追いやれた。

目下月末の仕事の進行中。行政の無駄はよく精査してまた書きこむことにする。どんなに行き詰っても「解散」などはしない方がいい。解散総選挙の費用は800億円かかるという。その金は直ちに介護現場に回した方が賢明だ。

先日、日曜日、表千家の宗匠に招かれ末席を汚した。

クリックすると元のサイズで表示します
7

2011/1/28  21:50

投稿者:湘南の暇人
すみませんね。表千家を習ったのは昭和50年代、もうすっかり作法を忘れている。
憲法は09条など単なるお題目。真に護るのは15条第2項、「公務員は全体の奉仕者であって一部の奉仕者ではない」よく覚えておいてね。悪口ばかり言っているので、もう歯ががたがた…。

http://www1.odn.ne.jp/~ceg94520/homepage/

2011/1/28  21:35

投稿者:なでしこ
ホントだぁ!お薄茶碗まで懐紙で拭いたりして汚しちゃったよね(笑)

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ