2011/4/28  18:19

東北大震災07  身辺世相
衆議院議員選挙区の岩手県は定数4である。岩手03区は、今回の被害が甚大だった「東北大震災」の大船渡市、陸前高田市、釜石市、気仙郡住田町などである。岩手県は小沢一郎王国、いずれも民主党の牙城である。岩手03区は、黄川田徹(きかわだとおる)氏、57歳。陸前高田市の市職員から県議を経て平成12年の衆院選で初当選。現在4期目である。順調ならそろそろ大臣の声がかかる頃か…。

今回の大震災の大津波で家族4人を亡くした。行方不明者リストに母、洋子さん(75)の名を見つけた数時間後、隣町の遺体安置所で無言の対面をした。長男、駿一さん(29)の遺体が見つかったのは震災から1週間後。妻の敬子さん(51)、父の精也さん(81)はいまも行方は判らない。公設第2秘書、菊池章太さんも犠牲になった。「彼、結婚したばかりだったんだ」と悲しみは容赦ない。唯一、娘さんだけは無事だったらしい。

謹んで黄川田徹議員に哀悼の意を表する。

衆議院議員でさえ予想を遥かに超える大災害だったことが解る。三陸沿岸は日本の漁業の20%を占める好漁場である。だが行政の常として漁港は「農林水産省」道路は「国土交通省」県道・建物は「地方自治体」と、こんなときでもお役所仕事で、仕事も衣食住もままならないらしい。与党の黄川田徹議員自ら、霞が関官僚内閣制の許認可権・裁量権の弊害を悟っているに違いない。筆者は「平成の遷都」「道州制」の推進を提言する。交付金は常に国の許可が要る。「県市町村」で自由に使える交付金を直ちに渡すべき時代になったと思う。自治体には国の出先機関が多く、これが国家公務員の大半を占めて人件費が膨らんでいるのが国家の実態と予算の現状である。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2011/4/30  22:33

投稿者:湘南の暇人
神戸大震災のときの兵庫県知事は「東北復興会議」で道州制を念頭に強力な「復興機関」を提言されました。小生はこれを了解します。正解です。黄川田議員などが強力に推進すべきでしょう。

http://www1.odn.ne.jp/~ceg94520/homepage/

2011/4/29  1:40

投稿者:なりひら
黄川田徹議員、そこまで惨い現実があるとは存じませんでした。彼は、今、どういう気持で政治に向き合おうとされているのでしょうか?目が離せません。

http://happy.ap.teacup.com/applet/ibaraki-doji/msgcate2/archive

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ