2012/5/5  23:31

橋下徹01  政治
04月27日は、文字入力の仕事が完了。28日は有楽町交通会館での「油絵創展」見学、29日は初校直し、30日は通夜、01日は葬儀本番で「収骨」まで付き合った。2・3・4日は降雨。サラリーマンでもあまりよろしくない黄金週間後半だったに違いない。ようやく04月中旬購入したウインドウズ7でHPのページ作り、再構築を試みている。USBメモリーを使って電子メールデータをNECビスタから移動。だがホームページビルダーを転送しているときに誤ってメールデータを消去してしまってもう一度やり直した。つまりここ三日分の新パソコンでの送信データも無くなった。

同じ短歌会の詩人でもある歌友から以下のメールがあったが、したがって返信の文言は無い。
≪ブログ有益に読んでいます。ただ気になることがあります。橋本徹のことです。小泉純一郎と同じように自民党を壊すと叫んで首相になったあと、あとで彼の新自由主義が格差社会を招いて失望したように既存の政治勢力の無能を主張する彼にあまり期待するのはどうか、よくよく彼の為そうとしていること、していることの分析をお願いします≫とあった。

筆者は自分と重ねて返信した。≪小生は実父が戦死、義父は個人破産で満足に高校・大学も出ていない。橋下徹は被差別部落に住み、父親が暴力団員で自殺、底辺から弁護士・大阪府知事にまでなった近年稀に見る向上心旺盛な若者、尊敬に値する。しかし「首相公選制」など憲法に抵触することも発言しているので、見極めが必要、小沢一郎が詰まらぬ虚偽記載で強制起訴されたように、橋下徹は、既存の秩序を破壊する発言が多いので、法務当局などの体制側、労働組合にも睨まれ、暴力団からも狙われているのではないか≫と返信した。

橋下徹が首相になる条件の国会議員でもないのに、もう雑誌特集が出ている。今云えることの一つは大阪市の20人に1人が生活保護費受給者であることだ。大阪は日本経済・世相の縮図でもある。特権階級の怠惰をよくぞ追求してくれた、が正直なところ。尖閣諸島を都が買い上げる、と発言した石原慎太郎知事も霞が関中央打破が顕著である。小沢一郎と石原慎太郎は“水と油”だが、橋下徹が両実力者とも懇意?なのは、彼の追求する国家哲学に必要なのかも知れない。よく精査して続編を記述したい。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2012/5/13  22:50

投稿者:湘南の暇人
小生は、橋下徹を支持します。底辺から這い上がってきた彼には、行政機構はすべて霞が関に握られていることを肌で感じていますね。少しでも一極集中の弊害を打破してもらいたいです。

2012/5/12  18:03

投稿者:なりひら
橋下徹嫌いのマスコミが、彼が首相になることを前提として、特集を組み始めましたね。彼の発言を注視していきます。民主、自民の政治屋たちよりは、遥かにましですが、私には、まだ座標軸がよく見えません。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ