2012/7/7  16:55

七夕祭  身辺些事
筆者の住む「湘南・平塚市」の七夕は、新暦で挙行される。「三大七夕祭」として有名だが、戦後復興の産物だから本場の“仙台の七夕”のように歴史がない。仙台の伝統的な「吹き流し」のスタイルは少ない。吹き流しが基本のようにも思えるが…。添付は平成22年度の「平田人形店」、商売柄、飾りは華美で丁寧、夜間は電飾が見事。上部は回転する仕掛け。今年は07月06日〜08日。今年の撮影は、体調不良で出来そうにない。

明日、毎月第二日曜日は、短歌会の例会だが、今回は「ぎっくり腰」で欠席することにした。詳しくは「圧迫骨折」で、腰にコルセットを装填、一か月は寝たり起きたりらしい。筆者の場合、コルセットは11日に完成。加えて3年に一度の「不定愁訴」で体調不良である。平成17年には「ホットフラッシュ」で一日に何度も猛烈な汗を掻いた。19年は、すい臓がんと見紛う下痢だった。7キロも痩せた。今回は“めまい・ふらつき・足腰の筋肉疲労・眼精疲労”である。

ここのところ医師の言いなりでMRIは、脳・腰、腹部は来週、今日は腹部のエコーだった。ここまでの医者通いになると国民保険の使い過ぎのようにも思う。筆者の場合、野田佳彦内閣の「年金と税の一体改革」なる“消費税増税”は、けしからんと声を大にすることは、一抹の反省が無きにしも非ずである。下の奥歯が欠け、今日は“通院のハシゴ”だったからでもある。

クリックすると元のサイズで表示します
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ