2013/1/31  21:01

変換ミス・誤用  身辺些事
ここのところ次から次へ“事件発生”で、長年の日本の政治問題なのに「公務員の待遇」はあまり顧みられない。手持ちの資料も問題の本質を突いていないから過日報道された「退職金減額」問題はよく判らない。筆者は中小企業も、それも小企業だったので退職金はあるだけで“良し”と自分を納得させた。実際、教職員や警察官が手取りで「2700万円」もの退職金を手にするとも思えない。だが月給・ボーナスなど定年後の年金も“民間平均”とは、かけ離れた?金額なのを無視するから100万円の減額で「聖職者」を捨て去ることになる。三学期終了を待たずに本日で定年退職なら、教員としてはかなりいい加減だ。要するに下々の生活実態を知らないから、或いは知ろうとしないから、所謂サラリーマンの悲劇のように被害者意識旺盛となる。情けない限りだ。

これは多分に労働者意識から抜け切れない「連合」などの組合員かも知れない。筆者も連合に07年間、所属したことがあるから解るが、公務員組合の組合員と中小企業の社員の本給では天地の開きがあった。彼らは決して下を見ようとはしない。若い時分、苦労して勉強して教員になったのなら、それなりの選良意識があるはずだ。受け持ちの生徒とあと二か月苦楽を共にできないなら、どう生徒に説明するのか。弁解できない“教導育成”だ。

この種のブログ記事は、どんなに本質を突く記述でも、まずは「妬み・嫉み」としか受け取られないからあまり追求しても仕方が無い。だが民間企業では「退職引当金」を積んで置かなければ、それだけのことである。自治体は原資が無ければ、いとも簡単に地方債を金融機関に受けさせても当然の如くべらぼうな報酬となる。閑話休題。

体調が今年になっても良くないので、発表する機会と費用があればこその話だが、自分の文章を精査している。下手だが投稿歌、昭和史、ブログ記事、画像など。ブログだから公序良俗に反しないかぎりその吐露は、日記と同じで許される筈だ。然し他人が読んでも詰まらない、と思われれば、それはそれでこれ又、仕方がない。短歌も「自分の生活の小さくても発見」がないと選者には了承されない。ブログ記事は5年間で650点あった。100点削除して、550点、更に10分の1くらいの50点は、発見のある記事になるかも知れないと、今、推敲している。その中の一つを披露…。パソコン全盛時代なればこそのお粗末な誤用だった。昨年のいわゆる終戦記念日、TBSが偶然か、無知なのか、意図的なのか、テロップを間違えた。天皇の「お言葉」の最後の部分である。

「戦陣に散り戦禍に倒れた」を
先人に釣り戦火に倒れた」と当初報道した。

昔なら責任者は切腹ものである。言霊信仰の国、日本は今、差別表現という問題に直面している。皇室への好き嫌い、日本の政治機構の好き嫌いは個人個人にある。だが少なくとも日本国憲法の第一条で「国民統合の象徴」とされる方の発言である。これは明らかな逆差別だ。「少々間違えました」で済む問題なのか…。小学生でも「戦陣」と「先人」の違いは判る。

「日米開戦への道」の5回目でまだ完成していない。これも推敲、続行中。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2013/2/4  17:44

投稿者:なりひら
選良意識が彼らにあれば、駆け込み退職はなかったことでしょう。あえて年度末前の退職を誘発した制度設計も問題でしょうが・・。お身体;すぐれられないんですね。
投稿済みのブログ記事の見直し:私もニーズを感じつつ、サボっています。自分史が目標なのに。

http://happy.ap.teacup.com/ibaraki-doji/

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ