2013/7/30  7:08

錦糸町  昭和史
テリトリー東京05 錦糸町
昭和32年04月からの25年間、東京生活の拠点になったのが墨田区錦糸町。スカイツリーで脚光を浴びる墨田区業平、江東区深川など馴染深いが、若い頃の娯楽と行動の原点はやはり錦糸町と浅草。JR錦糸町駅周辺は、今では再開発が顕著で高層ビルも林立、地下には都営の大江戸線も走る。上京時の錦糸町駅は、信州の田舎の駅舎のようで「男はつらいよ」の寅さんが現れるような小規模なものだった。駅の裏側には貨物の引き込み線がありSLが活躍、貨物の集積地!でもあった。駅舎が完成したのは昭和36年。

この近辺は、町名は「江東橋」、明治時代末期は、まだJR総武線もなく農村だった。短歌会「アララギ」の創始者・伊藤左千夫が牛舎を作り“搾乳”をなりわいとしていたのは知る人ぞ知る。明治時代を生きて大正02年に亡くなった伊藤左千夫は、小説『野菊の墓』と共に多くの秀歌を残した。大歌人・斎藤茂吉の師匠である。駅前のロータリーに歌碑がある。

 よき日には庭にゆさぶり雨の日には家とよもして児等が遊ぶも
     ゆさぶる=騒ぐ とよもす=ゆるがす

駅の東側には中学生時代、入り浸った映画街の「東京楽天地」、駅の向こう側には中央競馬の馬券売場、その脇には魚の大規模専門店「魚寅(うおとら)」がある。ここには毎日、両国の相撲部屋から新弟子が魚を買いに来る。駅の北東側は、桜の名所「錦糸公園」、公園の東側、横十間川に近いところにあるのが「松徳硝子株式会社」でグラスを造るガラス工場だった。

今や“うすはりグラス”という少々倒しても割れないグラスは先頃、NHKなどで何度も放映され全国区になった。墨田区の地場産業の雄といってもいい。筆者は中卒後、一年間“住込み”でこのガラス会社に勤務した。冬でもランニングシャツ一枚で過ごせた。夏もランニングシャツ一枚だが流れる汗は体力を消耗する。“塩を舐め”ながらの作業だった。同時に定時制高校にも通っていたから体力が続かず一年2カ月で辞めた。

娯楽の少ない当時、足繁く通ったのは錦糸町駅東側の一角にある江東楽天地、今は東京楽天地。常設映画館は封切館から三番館まで6館ほどあった。正面は江東劇場と本所映画。江東は東宝、本所は外国映画、他に松竹、日活、東映の常設館があった気がする。江東劇場は、歌謡ショーと東宝映画の二本立てが屡々あった。覚えているのは昭和35年秋の「島倉千代子ショー」、この時、島倉は過密日程の疲労で声が出なくなっていた。レコードを鳴らしていわゆる“口パク”だったのか。心無いファンも居て「金返せ!」の声も聞こえた。司会の漫才「晴乃ピーチク・パーチク」が平謝りだった。

筆者は16歳、島倉は22歳。島倉は美空ひばりと並んで歌手として絶頂期。満員で「立ち見」だった。入場料は300円?位だったのか。今では3000円以上だろう。その江東劇場は今は無い。演歌歌手は当時、ここでショーが開催できれば一流の証だった。同じく昭和19年生のジャーナリスト田勢康弘の「島倉千代子という人生」という文庫本がある。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ