2013/10/31  10:08

週刊新潮  身辺些事
つい先日、筆者の旧勤務先の先輩から電話があり20年前の上司、製版課長が亡くなったとの知らせだった。昭和09年生まれだから79歳、これを知らせてくれた人も先輩で同年生まれ。この方は元気である。昔の印刷会社勤務の旅行会で本年は「石垣島」へ行ってきた由。腰椎骨折の筆者には「お呼びでなかった」のは止むを得ない。どうやら一昨年の北海道「函館・小樽・札幌三日間」が最後となったようだ。平成08年の「四国周遊の旅」より10回ほど参加した。パック旅が勃興したのはその頃だったように思う。

亡くなった元・上司が定年・退社になったころ活版印刷が終焉となった。この元・上司で思い出すのが“週刊新潮”。なにしろ昭和31年の創刊以来、20年間漏らさず購入・保存したらしい。廃棄したらしいが、今あったら創刊号から100号くらいまでは古本の値段がつくかも知れない。

最近、これぞ国民栄誉賞・文化勲章に相応しい作歌・山崎豊子が亡くなった。文化勲章には一度も読んだことのない「田辺聖子」、茶の湯の千家の「分家」などが受賞していて基準が解らない。松本清張や山崎豊子は多分にいわゆる「反体制」だから問題外なのだろう。

週刊新潮08月29日号から山崎豊子遺作『約束の海』連載され始めたばかりだった。旧海軍士官の父親と海上自衛隊の息子の話だそうで期待大だった。ともあれ20回が著わされているらしいので単行本発行が待ち遠しい。

山崎豊子の膨大な著作で頭を過るのが昭和53年、TV放映された田宮二郎の『白い巨塔』。教授を筆頭とした病棟回診など、このドラマが初めてだったような気がする。購入してあるが読んでいないのが『不毛地帯』。大本営参謀が描かれているらしいが、特定のモデルはいないと謂われる。だが昭和史に興味があれば誰でも想起するのが平成19年、95歳の天寿を全うした瀬島龍三。関西の一商社を一流にのし上げた。瀬島は、大本営のあらゆる“不都合な部分”を黄泉の国へ持参した。

クリックすると元のサイズで表示します
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ