2008/12/18  21:56

水神  散歩道
ウォーキングは東西南北のコースを大体決めてある。その逆周りもあって計8コースになる。自分の生まれた地域で、直径数キロの円周の範囲でも足を踏み入れたことのないところさえあって意外な発見がある。一昨日の北側のコースでは、かなり大きな神社があった。明らかに昔で言う村の鎮守様である。

今日は自分の生まれた集落の「お宮さん」の近く、小径の角に「水神」の石碑があった。稲作農耕の暮しに水は最も貴重であり、“我田引水”が最もいけないということになる。水神は「山の神」「田の神」と共に稲作農耕民族の象徴で日本の「村の倫理と論理」を端的に示す。

今日の歩数は7588歩。

クリックすると元のサイズで表示します
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ