2014/6/30  23:07

かわいそうな国  身辺世相
24〜29日までは短歌会の文字入力の仕事、カット画像5点の処理が完了。確実に“目力”は衰えている。仕事はのろくなった。レターパックでの原稿返送、文字データメール転送で終了。だが2か月前に請け負った「アフリカ大陸医療派遣チーム」の画像取り込みに往生している。なにしろ昭和30年代のモノクロ画像、焦点のボケたものもあり、対象は医師を取り巻く黒人である。差別的意志は全くないが、黒人の肌と民族衣装も黒仕様。普通紙は当然だがインクジェット紙仕様でも印刷したら“それなり”のものでしかない。付随する写真説明の文字は小さく、カタカナのアフリカ用語は判読不能も多い。更に短歌文庫の文字取込の依頼があった。「暇人返上」である。

月刊誌は定期購読の文藝春秋のほかは任意に購読。週刊誌は毎週月曜日の「週刊ポスト」か「週刊現代」、木曜日が「週刊新潮」か「週刊文春」。今日、月曜日のポストは回避、現代を購読、どうもポストはエロティックなグラビアが多くいささか食傷気味。

「かわいそうな中国」は世界中で道徳・モラルに欠ける国民性で中国は欧州で嫌われている内容記事。「財務省4人組」は、消費税UPに邁進する東大法卒者の実態。民間会社大手のサントリー、武田薬品の話はパス。「拉致解決金」の記事は只々納得。大国・中国の実態は小国のそれで、13億人のGDPの表出に過ぎない。本当に「かわいそうな国」は日本である。解決済みの「慰安婦問題」を繰り返す韓国、国際的誘拐の「拉致」問題で金銭を要求する北朝鮮。武力的脅迫で尖閣諸島狙う中国。国際法で許される集団的自衛権ですら「戦争のできる国」と言って憚らない大手メディアもあってまことに長閑なものだ。

集団的自衛権の反対が多い昨今で喜んでいる国は、中国に決まっている。

クリックすると元のサイズで表示します
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ