2014/7/18  22:00

子規庵  散歩道
昨年は07月10日に猛暑がやってきた。今年も違わず11日に猛暑が来た。完全に梅雨明けなら多分、熱帯夜が日常となる。昨年はその夏を超えられないと思い、慌てて「短歌文庫」など製作したりした。その経緯は省いて、眩暈がするような猛暑の来ないのを見越して東京都台東区の「子規庵」に行って来た。子規庵の庭を撮影して移動、墨田区石原町にある中学時代の友人の喫茶店でアイスコーヒーを飲み、同行の友人とはJR錦糸町駅で別れた。

子規とは近代短歌・俳句の元祖・正岡子規のこと。1902年9月19日(満34歳)東京市下谷区上根岸にて死去。明治時代の巨人・石川啄木も滝廉太郎も肺結核で短命だった。子規は、俳句、短歌、小説、評論、随筆など多方面に亘る創作活動で、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした。この正岡子規の34年の生涯の詳説もここでは割愛。

1897年(明治30年)に俳句雑誌『ホトトギス』を創刊。短歌では「歌よみに与ふる書」で万葉集を高く評価。根岸短歌会を主催して短歌を革新。根岸短歌会は後に伊藤左千夫・長塚節により短歌結社『アララギ』へと発展する。病いに臥して『病牀六尺』を書く。以降は辞世の句、豆腐料理店の句碑は直筆。

 糸瓜(へちま)咲て痰のつまりし仏かな
 痰一斗糸瓜の水も間にあはず
 をとゝひのへちまの水も取らざりき

 水無月や根岸涼しき篠の雪
 蕣(あさがお)に朝商ひす篠の雪

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/7/24  11:14

投稿者:湘南の暇人
掲示板の投稿いつも感謝します。
男根、女陰九州方面に多いようです。
道祖神、庚申塚とみな重なった民間信仰のようです。
文字の仕事、終わり次第ブログで返信します。

http://www1.odn.ne.jp/~ceg94520/homepage/index.html

2014/7/20  9:53

投稿者:aita
此方は初めての書き込みですね。
隣町下妻市高道祖(タカサイ)に神社がありまして、千年以上の神社なんですが男女両方の性器の形をしたお菓子を神社で売っています。実にリアルに出来て居まして、子供の出来ない人達が日参しています。
昔の人達は男女の行為で子供が出来る事が不思議だったのでしょうね。
男根を奉る行事は沢山有りますが女性器を奉る神社は珍しいですね。穢いものと中世期以降は言われていますが平安以前の住居の玄関には出産後の後産を埋める習慣が有りまして、古代は女性中心の生活が主流で有った様です。久し振りに古代の所迄考えて見ました。

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ