2014/9/30  22:27

上野公園広場  身辺些事
春季にはJR有楽町の横の交通会館、秋季には上野公園の東京都美術館で絵画展が開かれる。ネットで調べると美術団体の絵画展は多い。筆者の見学したのは著名な「一水会」と同じフロアの「創展」、メンバーには左時枝なる女優も居る。美術に関連するセミプロ乃至プロの団体。

小生の好き嫌いでは「もやい」だった。写実の油絵で完璧な写実でもなく良い絵だと思った。もやいとは「舫い」で杭に繋がれ停船している船のこと。「靄っているので停船」からきているのか。「舫い結び」なる結び方もあるらしい。以下は筆者の歌。添付は創展の展示。

 舫ひ船動かざるまま朽ちてゆく月島の堀割小波もなし

今日は夏日に戻り暑かったが、上野公園を杖をつきながらの散歩。広場では東京都公認で個人のパフォーマンスが繰り広げられる。元々体操選手でもあるのか、身体が柔軟でかつ肉体美を誇る女性のアクロバット的、演舞?だった。忍者もどきの回転技には拍手が湧き上がった。画像モデル代金として500円なりを置いてきた。年金暮らしなので許されたい。

「元気を貰う」などの形容は、短歌の言葉としては不適切だが、躍動美を目の前にしたのは確かで、若い女性の「ヘソだしスタイル」は、イヤラシイおじさんとしては今日の収穫だった。上野公園は仕事の無い?大衆で混雑だった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ