2014/11/24  13:40

ソフトの街  身辺世相
その昔卒業した中学の同窓会を2年続けて開催。昭和19年生まれで全員古稀なので今後は毎年やろうとは実質上の幹事のご託宣。小生も賛成。昨年は総武線の新小岩、今回は「銀座ライオン」だが、ラジオ会館内の秋葉原店

10年前まで35年間、勤務したのが神田明神下の外神田。この秋葉原界隈はいわゆる電気屋街だった。ここでは都民の電気製品を提供していた。量販店が各地方で勃興したので、電気製品の“豊富で安い”秋葉原の役目も変わった。様変わりした最大理由は、JR秋葉原駅の東側に接続された「つくばエクスプレス」と量販店「ヨドバシカメラ」。人の流れも変わった。

忌まわしい秋葉原殺傷事件もあったが今は、中央通がそれまでのように正午から歩行者天国になった。此処にコスプレ姿のメイドカフェ嬢が何年か前まで出没した。これを撮影しようと思ったが、廃れたのか、その姿はもう無かった。

日曜日の午後の秋葉原は混雑して行列も多い。古希の人間には違和感ばかり。今や秋葉原の代名詞でもあったヤマギワ電気、石丸電気も姿を消した。ラオックスは中国資本の免税店。秋葉原はハードウェアからソフトウェアの街に変わった。メイドカフェはまだある。ゲーム機、コスプレ、アニメの街。パソコン、オーディオ等のパーツの店も健在だと思う。画像はスマホゲームの宣伝。

本日より月末の短歌会の文字入力の仕事。今週末までブログお休みします。

クリックすると元のサイズで表示します
7


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ