2015/3/31  21:17

北鎌倉・円覚寺  鎌倉散歩
円覚寺とは横須賀線、北鎌倉を降りてすぐの大きな寺。およそ鎌倉の社寺は小さいものばかりで全部を拝観しても2、3日もあれば十分。大船を含めても京都市の20分の1。だが鎌倉は、首都圏へ出るのも一時間であり、有名人の居住のステータスにもなっているから昔から文人墨客にゆかりが深い。

京都・奈良の社寺に匹敵する寺領のあるのは円覚寺・建長寺・鶴岡八幡宮の三つに過ぎない。瑞泉寺に行く道すがらの永福寺(ようふくじ)が一番の寺領だったが廃寺となって今は原野同然。

円覚寺と建長寺までの道程は、杖突老人に成り果てると横須賀線の鉄路に沿った道は長い。一日13000歩は応えた。所属する短歌会の歌誌の画像カット撮影のため。昨日、月曜日の午前中なら空いていると思ったが、人身事故とかで往復の東海道線、横須賀線はなかなか電車が来ない。鉄道自殺する人は日曜日にすべきで他人に迷惑をかけてはいけない。円覚寺、建長寺の桜は満開一歩前だった。円覚寺・建長寺とも外国人の参拝客が多かった。声高で派手な衣装の中国人が居ないので鎌倉はいい。民度の低い外国人は来ない方がいい。

円覚寺は、山号は瑞鹿山(ずいろくさん) 臨済宗円覚寺派。 創建は弘安5年(1282年)。開基は北条時宗。京都・奈良ほどの歴史はないから国宝は二つ。舎利殿・梵鐘のみ。舎利殿は神奈川県唯一の国宝建造物。入母屋造、杮(こけら)葺き。堂内には源実朝が南宋から請来したと伝える仏舎利を安置した厨子があるらしい。通常は非公開、正月3が日と11月3日前後に外観のみが公開される。筆者が撮影したものは外観のみ。もう一枚はネットから拝借。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
1


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ