ましゅまろの気まぐれ日記

北海道、道東摩周湖の近くにある小さな宿の日々。

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:札幌のKさん
セイコーマートでチラッと読みましたが、「なんか読みにくい〜」という感じで買うのやめました。
以前は、宿情報は「とほ」で、
旅情報は「なまら蝦夷」でという分担でしたけど。

「とほ」の宿情報のページに無理矢理飲食店の情報を中途半端な数入れる意図がよくわかりませんでした。

でも、客も世代交代しないと宿としてもやっていけないでしょうね〜
これで新しいタイプのお客さんが増えるといいですね。

私も写真撮影など、目的が明確な時は車中泊したりするので宿を使わないし、とほ宿に泊まることがめっきり減りました。ほんとは、のんびりとほ宿泊まりながら道内一週をしてみたいのですけど。
投稿者:maro
 私が宿を始めた当時、「とほ」はまだ手書き原稿で、価格も100円ぐらいだったと思います。それに比べると新しい「とほ」はオールカラーで、当時とは隔世の感があります。多分それは宿や旅人やそれをとりまく世の中が変わってきたことを現しているのだと思います。そして時代の流れとともにこれからもどんどん変わっていくでしょうね。
投稿者:札幌のKさん
何年かに1度お邪魔している元・関西人です。

あらあら、「とほ」がすっかり変わってしまったのですね〜
手書きの1冊100円時代から知っている人間からすると、「立派すぎて」という感じがします。
特に、とほのマークが小さくなってスロウの文字が大きいところが個人的にイヤですね(苦笑)

時代が変わってしまったと言えばそれまですが。

今年は外国人の旅行客が少なくなりそうですし、
女性の一人旅に訴えかけるのはいいかもしれませんね。
ただ、私はもうこの本買わないかも。

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ