2019/11/12

ピイラ二・ハレ・ヘイアウ(カハヌ・ガーデン)  観光パイア〜ハナ
はじめてマウイ島全体を統一したピイラニ王が戦いの神を祭った祭壇です。数多くの溶岩を積み上げられて16世紀の中頃に王様の神殿を兼ねて造られました。大きさは高さ15m、横幅175mの巨大なもので現在ハワイ諸島に残っている祭壇としては最大のものです。

クリックすると元のサイズで表示します [ピイラニ・ハレ・ヘイアウ]

カハヌ・ガーデンは、月〜金の10〜14時の入場になっております。庭も広く南国の珍しい木、草を見る事が出来ます。

クリックすると元のサイズで表示します [カハヌ・ガーデン]

屋根とベンチのあるオープンの小屋があり、ゆっくり休憩が出来ます。お弁当による昼食にはお奨めの場所です。

クリックすると元のサイズで表示します [ヘイアウ内小屋]

ガーデンの横には素晴らしい海が広がっており、素晴らしい景色です。ピイラニ王はこの様な景色が見える所で永眠されてます。

クリックすると元のサイズで表示します [ヘイアウ横の海]

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ