2020/2/8

砂糖工場とシュガー・ミュージアム  観光中央マウイ
砂糖キビの栽培と砂糖工場はマウイの歴史に重要なポイントです。一時はラハイナ、ハナ等にも工場があり、稼動しておりましたが。現在はプーネネにあった砂糖工場も閉鎖されました。

クリックすると元のサイズで表示しますプーネネ砂糖工場

砂糖工場の横にはミュージアムがあり、マウイの砂糖畑の開拓の歴史等を見る事が出来ます。移民された日本人の歴史も見る事が出来ます。工場は2016年12月に閉鎖されました。

クリックすると元のサイズで表示しますミュージアム駐車場

小さな展示場で中には多くの写真、小物が展示されてます。書籍の販売、土産品の販売も売店で行われてます。外にはトラックター、耕具の展示もされております。

クリックすると元のサイズで表示します [ミュージアム入口]

カフルイの西側にはキヘイ、マアラエアまで砂糖キビの畑が広がってましたが、現在は閉鎖されており、砂糖キビ畑と砂糖工場がマウイ歴史を築いた風景でした。

クリックすると元のサイズで表示します [砂糖キビ畑]

砂糖工場のある、プーネネからキヘイへはモクレレ・ハイウェーが走ってます。キヘイ、ワイレア方面にはこの道を走ります。砂糖キビ畑が無いと寂しさを感じます。

クリックすると元のサイズで表示します [Mokulele Hw.]

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ