2020/5/23

カナイオ・ラフティング  観光ワイレア・マケナ
カナイオには車では行けません。マケナの先ハナとの中間に近い所にカナイオはあります。ここにはマアラエア、キヘイ港から船で行きます。観光地としてはあまり有名ではありませんが、雄大さ、自然の美しさは素晴らしい景色です。

クリックすると元のサイズで表示します [洞窟の中に]
             [写真をクリックすると拡大します]
/  /  /  Mochi Maui 情報箱 ←クリックしてね!

エンジン付きのゴムボート・ラフティングで洞窟の中に入り、洞窟から出てくるツアーは素晴らしい。ダイナミックなツアーです。「Blue Water Rafting」ツアーのHPここから

クリックすると元のサイズで表示します [カナイオの景色]

ハレアカラの噴火により海に流れた溶岩によるカナイオの景色は素晴らしいものです。この景色は海から見るのが最高です。

クリックすると元のサイズで表示します [ラフティングで]

2020/8/8  3:21

FORZA STYLEでBASELWORLDを取材するのは今回が初めて 本日は、『Bell&Ross』より最新作「BR05」が当店に最速入荷しました!本日も皆様のご来店を心よりお待ちしております。
この6月から「ベル&ロス ジャパン」となったので、日本での人気と活躍がさらにアップするのでしょうね。
ケースの角に設置されたビスがワイルドな雰囲気を演出していますね☆自動巻きであり防水性を確保しながらもケースの厚さを抑えていることもベル&ロスの特徴の一つでもあります。
少し小型の42×42mmサイズが着けやすいのが特徴です。
MA-1と同じカーキとオレンジのカラーリングが特徴で、サンドイッチダイヤルのインデックスにオレンジが覗くのが、MA-1の前合わせにチラリとオレンジが見えるような洒脱さ。
ケースもダイヤルもマットのカーキで、ダイヤルのインデックス部に鮮やかなオレンジが覗くのが、まさにMA-1の雰囲気。
たとえば46×46mmという大型のスクエアケースが世界的大人気となり、たちまちベル&ロスのアイコンとなった「BR 01」は、航空機のコクピット計器を「理想の時計のかたち」として生まれたもの。
正方形のケースに丸型のダイヤルのシンプルな組み合わせや、視認性のよい針やインデックスなどは、まさに航空機のコクピット計器そのものの雰囲気。
で、ベル&ロスはそういうモチーフの選び方のセンスや、その表現方法が、本当にマニアックというかヲタクというか。
また、BASELWORLDにて日本法人の設立を発表。
ケース素材は、キズがつきにくく色の変色が無いセラミック素材もいいのですが、個人的にはステンレスの重厚感がある仕様が好みです。
表裏をカーキとオレンジにしたリバーシブルストラップもまさにMA-1を思わす仕様で、単純なのに「おおっ」と思わせるこういうセンスが、やはり素晴らしいのですよね。
しかも、フライトジャケットのMA-1をモチーフにしたミリタリーモデルだとか、ストレッチ素材のNATO風ストラップだとか、ブロンズ×ブラックの2トーンカラーのクロノグラフだとか、時計好きの琴線に触れるマニアックなチャームポイントを備えたモデルが多数登場したのが素晴らしかったところ。

スーパーコピー時計 https://www.cocolv8.com/watch/menu-pid-26.html

https://www.cocolv8.com/watch/menu-pid-26.html

2020/5/21  22:12

投稿者:Mochi
5月21日にブログの再稼働が実施されました。
以前と同様に出来る状況ではありませんが、推進を予定しています。

2011/8/18  22:12

投稿者:すず
洞窟の中に入れるなんて良いですね。
一度でいいからこの目で見てみたいです!

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ