熊本の塾 明成塾塾長のブログ 伸びを求めて

熊本市の学習塾である明成塾塾長のブログです。明成塾は熊本市の西部横手の小さな学習塾です。
中学生は、熊高、済々、第一、第二、高専等をめざす西山中、三和中、藤園中、城西中、花陵中、河内中、力合中、井芹中などの生徒さんが通われています。
明成塾は、横手、島崎、新町エリアで上位高校進学では合格力地域1の塾です。小学生から中学生まで指導しています。当塾の門下生との日常など記しています。

 
明成塾のブログへのご訪問ありがとうございます。学習の方法 塾生への応援などなど書いています。  また授業や講習などについても書いています。ご感想、また学習相談など気軽にお寄せください。
明成塾の方針はただ一つ、成績を具体的に上げることです。そして他との大きな違いは、成績を伸ばすことが私の最大の楽しみという点かもしれません。 

QRコード

カレンダー

2019年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

奇跡の伸びへの道

塾長のZです。 20年をこえて具体的な伸びを実現しています。 当塾は、1学年1クラスのみ、そして少人数定員としています。西山地区にありますが、熊高、済々黌、第一、第二、高専をめざす生徒さんが遠方からも通ってくれます。  明成塾は合格力増強指導で、受験に不安のある生徒が、合格に向かって進むことをサポートいたします。 他の塾の受験指導方法とは異なり、明成塾の合格力増強指導は、上位高校合格者を出し続けるプロによる合格法に基づいた指導です。ほかでうまくいかなかった方も最後の砦として下さればと思います。★ なお、当ブログの記述は、その時々に対応する内容となっています。したがって得点などの過去の記述内容は現在のものではありません。また入塾手続きや特典などの記述も同様です。 ★記事内の誤字脱字についてはご容赦下さい。  

過去ログ

最近のトラックバック

 

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:明成塾応援団員
塾長様

 3月11日は、あまりにも心激変・心七変化の一日でした。生まれてこの方を思い出しながら、子どもの卒業式の姿を見ていました。母親は出席できなかった小学校の入学式。雨上がりの校庭を父親の私に手を引かれながら帰宅したこと。共働きの家庭にあって、小学校2年生から、帰宅したら米をとぎ、ご飯を仕込んで一人近くのサッカークラブに通っていたこと。4歳にして、金刀比羅宮に兄の後を追いながら黙々と上り、参拝したこと。全てが昨日のことのようによみがえってきました。

 本日、義務教育課程を修了しましたことを報告いたします。

 14:46は、黙祷。大震災がなければお一人お一人の人生は続き、多くの思い出が紡ぎ出されたことを思いますと心が痛みました。生きていることは、真に奇跡の連続です。今日の一日に感謝するのみです。

 卒業はしましたが、今後もあたたかく見守り、ご指導、応援していただきますことをお願いいたします。

 明成塾のエンドレスのご発展を祈念しながら、今夜はこのあたりで失礼いたします。

               明成塾応援団員
投稿者:明成塾応援団員
塾長様

 小さき手鞠のごとき沈丁花の芳香は止み、小さき五弁の花びらを一枝に何百と盛る連花雪柳は、昇竜の如くくねりながら闇の空へと妖艶な姿で伸びています。二つの花とも「白色」白星、勝ち色星です。
 
 昨日無事に受験を終えられたことに感謝しています。合否、今は神のみぞ知る状況でしょうか。「人事を尽くして天命を待つ?」3年塾生の一時の晴れやかさと心の軽やかさはあることでしょう。後は結果を受け入れるのみです。いずれにしろ、次のステージへGo!です。
 
 わが家の子どもは、自己採点することもなく、結果(予想ボーダーライン)に係る情報に過敏になることもなく、淡々とした今日のようでした。親の方が多少気をもんでいますが、妻の報によると、ほっとしたような穏やかな顔で昨晩は塾から帰ってきたそうです。これまでわが家の子どもの成長に関わっていただき、期待してくださる皆様によき報告ができますことを親としては祈念するのみです。ここ数日は、信心深いとは思っていない私も、神棚に向かって手を合わせる機会が増えていたように思います。
 
 やがて淡い萌葱色の千原桜が咲きます。わが家の淡々萌葱色の洋蘭もその時を待っています。これまた、白色のトーンです。

 昨晩返信予定のこのコメントが、今宵になりました。
 昨晩もありがとうございました。

               明成塾応援団員
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ