モトログ 〜ある診断士の終わりなき挑戦〜

常に「挑戦者」であることでkurogenkokuは成長を続けます。
そしてkurogenkokuは「人の痛みのわかる診断士」を目指します。

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitter

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

中小企業診断士の広場

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:kurogenkoku
ブーちゃんさん。
おはようございます。

「合格を確率論で捉えてしまう」

まさに私が受験を始めた頃、陥った悪い傾向でした。
もちろん「確率論」で考えて合格する人はいます。でも他力本願になっちゃうのでやはり自分は「アンチ確率論者」です。

http://blue.ap.teacup.com/motokuni/
投稿者:同期のブーちゃん
どうもです。

>「1次試験に確実に合格して2次の
>受験権利を掴んでおけば、そのうちに
>受かるだろう・・・。」

やっぱり、模試で結果が出ず同じことを考えました。2回目までに合格する確率は1−4/5×4/5=36%、だったらなんとかなるだろーみたいなことを確かに考えました。
でも実際はそんなことないですね。努力しなければ絶対受からないし。

kuro兄が書くと深いね。



http://goldlefty.blog54.fc2.com/
投稿者:kurogenkoku
jankorouさんおはようこざいます。

>ついでに2次も事例合格制にしてもらえたらいいのになーと思っています。 そしたら、こつこつ型の人にもチャンスがあるのではないでしょうか。 

なるほど。
面白い案ですね。
成績が公開されるようになったので1次試験同様、科目合格制は可能になりますね。

受験勉強にも取り組み安くなりますし。

http://blue.ap.teacup.com/motokuni/
投稿者:kurogenkoku
appleしゃん。

>私の不合格は自分の勉強不足が原因

決してそんなこともないと思いますが・・・。
大変でしょうが気持ちで負けないよう頑張ってください!!

http://blue.ap.teacup.com/motokuni/
投稿者:jankorou
こんばんは。じゃんコローです。 ここ最近確かに内容が重いですね(〜!〜)。 それはさておき、私が診断士試験をうけるぞぉという気持ちになったのは、科目別合格になったのがきっかけです。 一発勝負はしんどかったから。最近事例問題の練習を開始して、ものすごく難しいことがわかってきたので、ついでに2次も事例合格制にしてもらえたらいいのになーと思っています。 そしたら、こつこつ型の人にもチャンスがあるのではないでしょうか。 そのようになったら、合格したのは運のおかげだーっなんてことはないんじゃないのかなと思いますです。(すんません。ちょっと生意気言いました)
投稿者:apple
自己事故フォロー

私の不合格は自分の勉強不足が原因であり、kuro兄さんの合格は努力の積み重ねと実務能力の高さと人間力と思っています。
念のため。
投稿者:kurogenkoku
appleしゃん。

>でも、ダメだったときは自分の頑張り不足のせいにし、いい結果のときは天狗にならずさらに頑張る、そのためには、「運」という言葉の祝辞はいいかもしれませんね。

これについてはそう思いますね。
自分自身も「奢ることなく」、初心を忘れず頑張りMAX。


http://blue.ap.teacup.com/motokuni/
投稿者:kurogenkoku
オットセイさん、こんにちは。
勝手にトラックバックしてしまい申し訳ありませんでした。

ブログを拝見する限り、きっちり勉強されていた方なので「運」ではなく「実力」で合格を掴んだのではないかということが言いたかっただけです・・・。

キャッシュフローも託児所も合否には直結していないと思っています。
合格者もいろいろ書いているわけですから。

それよりも合否は違うところで決まっているのではないでしょうか。
自分が得た「気づき」とはここにもあります。
その辺については後日、書いてみます。

実務補習、一緒の班になれると良いですね。


http://blue.ap.teacup.com/motokuni/
投稿者:apple
推測ですがf^_^;

合格者に向かっての話ですので、「合格後も努力し、診断士プロフェッションとして活躍してください」の意味もあるでしょうか。
ある程度「運」の部分があることは否定できません。でも、ダメだったときは自分の頑張り不足のせいにし、いい結果のときは天狗にならずさらに頑張る、そのためには、「運」という言葉の祝辞はいいかもしれませんね。
投稿者:オットセイ
kurogenkokuさん、コメントありがとうございます。確かに私はそのうち受かるだろうとは全く考えていませんでした。自分なりの努力はしたんですがまだまだ足りないと考えていました。本当に運がよかったのはCFの問題で正確な知識(備品の売却益以外と仮定し営業CFに含めるという認識)がないのにおそらく正解とみなされたことです。努力することは大切で万一に運だけで合格してもその先につらい目にあうと考えています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ