モトログ 〜ある診断士の終わりなき挑戦〜

常に「挑戦者」であることでkurogenkokuは成長を続けます。
そしてkurogenkokuは「人の痛みのわかる診断士」を目指します。

 

カレンダー

2021年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

中小企業診断士の広場

最近のコメント

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:kurogenkoku
横須賀O幡氏
おはようございます。

>当所でも地元金融機関(地銀1つ、信金2つ)と協議会を立ち上げる予定です。

協議会形式とはかなりすすんでいますね。
うちはそこまでは行っていないのですが、経営革新など支援を連携してやって行こうということで合意しています。

明日の夜、説明会をやります☆


http://blue.ap.teacup.com/motokuni/
投稿者:横須賀O幡
おはようございます。

当所でも地元金融機関(地銀1つ、信金2つ)と協議会を立ち上げる予定です。

問題は経営陣は事の重要性に気付いていると思うのですが、
お互いの現場の人間にどこまで重要性を認識させるかがカギですね。

金融機関の人間(課長クラス)と話す機会がありましたが、
融資以外のことをあまりにも知らなくて、ちょっとびっくりしました。

お互いに勉強と共通認識が必要だと思いましたよ・・・。
投稿者:kurogenkoku
猫さんこんばんは。
全くおっしゃるとおりですね。

特に。。。
>過度でなく、適度ならばいいんですけど。。

私も常々そう感じています。
必要以上に保証依存とすることで、言葉は不適切かもしれませんが「自助努力」をしない企業が増えてきているような気がしています・・・。


http://blue.ap.teacup.com/motokuni/
投稿者:猫大王
公的な保証の過度な依存は、中小企業の競争力を削ぐだけでなく、「金融機関」の目利き力をも削いでしまい、大きな損失となってしまいました。
さらに悪いことに、公的な保証は「政府」にとってもおいしい施策なので、安易に中小企業施策として作り上げてきました。
その結果、中小企業・金融機関・国それぞれが公的保証に過度に依存してしまったことによって、何もかも機能不全に陥っているような気がします。過度でなく、適度ならばいいんですけど。。
全国の中小企業診断士みんながこういった背景を認識して、中小企業の自立と競争力を向上させるために、それぞれの立場で取り組んでいくことが大切なのかもしれませんね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ